「でも、、」「だって、、」はいらない

「でも、、」「だって、、」という言葉をあなたの辞書から捨ててみてください。

この2つの言葉を使用しないだけで、人生の多くは好転します。

何かを考えたり行動したりする時「でも、、」「だって、、」のような否定から入るのか、肯定から入るのかであなたの人生は大きく左右されます。

直ぐに否定から入る人はまず「出来ない理由」を考えはじめ、挑戦する事を恐れ、現状から出ようとしない為、成長はしない。

婚活でも「寂しくて結婚したいな」と思えた時「でも、、もういい歳だし」「でも、、私なんか無理だよ」と脳内で出来ない理由を探してしまいます。

実際には、弊社でも50代、60代の方でも幸せな結婚をしている方が多数いらっしゃいます。

人は新しい事に挑戦する事で、新しい価値観を学ぶのだと思います。

「挑戦しない」事は「成長しない」事でもあるのです。

それに、なんでも否定から入る人は一緒にいても楽しくありませんので、人が離れていく傾向にあります。

逆にちょっとした事でも「面白いね」「いいね!」と肯定から入る人は、どんどん新しい事を学ぶので成長が早いです。

それに、前向きに捉える人と一緒にいると楽しいですし、そのわくわく感が人生を豊かにします。

大切なのは、現実的に出来るか出来ないかなんて事は後で考えれば良くて、まずはやってみる。

まずは気軽に「いいね!それ」と考えて行動してみる。

これだけで人生変わってきます。

ある問題に対して、言い訳から入るのか、それとも出来る理由を探すのか。

あなたならどちらを選びますか?

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情