top of page

「ない」ものではなく「ある」ものに目を向けてみよう!

【3月度活動報告】

3月度の活動報告です。

〇成婚1名

〇真剣交際2名

〇お見合い数66件

となりました。

数字にとらわれ過ぎるのもどうかと思いますので、今まで通り誠実に向き合っていきたいと思います!

さて、幸せについて秋元康氏はこんなお話をされました。

「幸せは冷蔵庫の残り物だと思うんです。作れないものを考えたらきりがない。世界一大きな冷蔵庫に世界中の食材を集めても作れない料理がある。残り物で「お好み焼きもどきは作れるよね」とか作れるものを考えたら幸せだと思うんですよね」

幸せを感じられる人は、冷蔵庫の中にある食材で何ができるか考えます。

逆に幸せに鈍感な人は、冷蔵庫の中を見て「○○がない。。。」とないものに対して否定的な考え方をしてしまいます。

友達がみんな結婚している。

社内の同期が昇進している。

周りに置いていかれたと感じて、ネガティブになることは誰しもあることでしょう。

他人をひがんでしまったり、ないものねだりをしてしまうのです。

でも、そんな風に「ない」ものに目を向けると「○○が足りない」の思いが強くなります。

冷蔵庫の中身と同じように「あれもない」「これもない」とないものばかりが目に入ってしまうのです。

そうすると、身の回りに「ある」ものまで見えなくなってしまうんですよね。

例えばコンビニや、水道、電気の素晴らしさを忘れてしまうように、自分には何もないと勘違いしてしまいます。

そんな時こそ「あるもの」リストを作ってみてはいかがでしょうか。

身近にあるものを考えてみるのです。

「命」がある。

「健康」がある。

「話を聞いてくれる人」がいる。

「寒さをしのぐ家」がある。

「水」がでる。

こうして考えていくと「ある」ものであふれてきますよね。

そうすると次はおすそわけ思考が湧いてきます。

人は足りないと思うと欲しくなるけど、余っていると、あげたくなってきます。

おすそわけで、余っているものをあげているだけなので、自分から見返りも求めません。

そうすると周りも喜んでくれるから、どんどん幸せを感じやすくなるんです。

無いものに目を向けるのではなく、あるものに目を向けることで、幸せを感じやすくなりますよ!

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

「いつか好きになるかもしれない」は「やっぱり好きになれない、、、」になります

こんにちは。 今週のお見合いは17件です! 楽しむことを忘れずにお話ししてみてくださいね。 頑張ってください(^^♪ 応援しております! さて「条件はいいんです。収入も問題ないと思いますし、誠実だし浮気もしなさそう。見た目だって悪くはない。でも何故かドキドキしないんです。このままお付き合いしてもっと会う回数を増やせばいつか好きになれるのでしょうか」 と言うご相談がありました。 さて、あなただったら

「今日は盛り上がった!」それでもあなたがお断りされた理由

こんにちは!現在ですが複数のイベントを考えています! 検討しているのが「婚活者の方々の体験イベント」 例えば、バーベキューであったり、いちご狩りであったり、料理イベント的なもの。 そして「女性婚活者だけの座談会」 女性の方だけでお互いに情報共有したり、たわいもない会話をすることでお互いに気持ちが楽になればよいかなと。 そして「男性婚活カリキュラム」 実際の婚活女性を招いて、こんな時女性はこう感じて

Comments


bottom of page