「なぜ」ではなく「どうすれば」に変えてみましょう

本日、しばらく休止されていた会員様よりご成婚の報告がありました。

今回は弊社のシステム内の会員様ではなかったのですが、ご縁があり結ばれました。

弊社のシステムからのご成婚ではないのにも関わらず、丁寧にお礼のご連絡を頂きました。

感謝のお気持ちを素直にお伝えできる女性。

それはもう「結婚できるはずですよね」

おめでとうございます!

後日お話をお聞かせいただけるとの事ですので、よろしくお願いします(^^♪

さて、私たちの悩みというものは「なぜ」「どうして」と考えてみても答えが出てこない事がよくあります。

「なぜ、僕は人見知りなんだろう」

「なんで、私は疑い深いんだろう」

「なぜ、会話が続かないんだろう」

そのように考えてみても、良い解決策が出てくることはありません。

では、どんな風に変えたら良いのでしょうか。

それは「どうすれば」にすれば良いんです。

「なぜ」「なんで」と理由を問うのをやめて「どうすれば」とやり方を問うようにしてみてください。

「どうすればいいんだろう?」と口癖を変えれば、今度はその為の方法を考えることになります。

「どうすれば、僕は人見知りを直せるかな」

「どうすれば疑い深くなくなるかな」

と考えることによって答えが少しづづ導き出されます。

「なぜ」ではいつまでも悶々とした状態が続きますが「どうすれば?」と考えれば「とりあえず、挨拶だけでもきちんとできればOK」と言った自分なりに納得できる答えが出てきます。

「なぜ」「どうして」と考えているうちには、人は行動を起こしません。

完全な正解などないからです。

「なぜ」と考えているうちは頭の中でいつまでも堂々巡りするだけです。

その点「どうすれば」という思考にすれば「とりあえず、○○してみる」という前向きなアイディアが出てくるものです。

「なんで、なんで」と考えてしまう人は「とりあえず、どうすれば?」に変えてみてください。

驚くほど簡単に解決策が頭に浮かんでくると思いますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

こんにちは。 「生きたまま腸まで届く乳酸菌」 このワードを考えた人すごいと思いませんか。 このワードを聞いただけで健康になりそうな気がしますよね。 そして最近もっとも品薄状態が続いているヤクルト1000。 コンビニにもスーパーにも全くというほど売っていません。 先日ですが、車の運転中にたまたまヤクルトレディを発見。 以前からヤクルトレディからも購入が出来ると聞いていたこともあり 「今だ!今しかない

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?