「なぜ」ではなく「どうすれば」に変えてみましょう

本日、しばらく休止されていた会員様よりご成婚の報告がありました。

今回は弊社のシステム内の会員様ではなかったのですが、ご縁があり結ばれました。

弊社のシステムからのご成婚ではないのにも関わらず、丁寧にお礼のご連絡を頂きました。

感謝のお気持ちを素直にお伝えできる女性。

それはもう「結婚できるはずですよね」

おめでとうございます!

後日お話をお聞かせいただけるとの事ですので、よろしくお願いします(^^♪

さて、私たちの悩みというものは「なぜ」「どうして」と考えてみても答えが出てこない事がよくあります。

「なぜ、僕は人見知りなんだろう」

「なんで、私は疑い深いんだろう」

「なぜ、会話が続かないんだろう」

そのように考えてみても、良い解決策が出てくることはありません。

では、どんな風に変えたら良いのでしょうか。

それは「どうすれば」にすれば良いんです。

「なぜ」「なんで」と理由を問うのをやめて「どうすれば」とやり方を問うようにしてみてください。

「どうすればいいんだろう?」と口癖を変えれば、今度はその為の方法を考えることになります。

「どうすれば、僕は人見知りを直せるかな」

「どうすれば疑い深くなくなるかな」

と考えることによって答えが少しづづ導き出されます。

「なぜ」ではいつまでも悶々とした状態が続きますが「どうすれば?」と考えれば「とりあえず、挨拶だけでもきちんとできればOK」と言った自分なりに納得できる答えが出てきます。

「なぜ」「どうして」と考えているうちには、人は行動を起こしません。

完全な正解などないからです。

「なぜ」と考えているうちは頭の中でいつまでも堂々巡りするだけです。

その点「どうすれば」という思考にすれば「とりあえず、○○してみる」という前向きなアイディアが出てくるものです。

「なんで、なんで」と考えてしまう人は「とりあえず、どうすれば?」に変えてみてください。

驚くほど簡単に解決策が頭に浮かんでくると思いますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情