「好きだと言われたから付き合った」が70%以上

今回も過去記事第3弾です!

この記事はある女性会員様がこの記事を読み、勇気を持たれ、最終的にご成婚に至りました。

あなたの婚活にご参考ください(^^♪

「私○○さんと付き合えるでしょうか」と私に聞かれても、最終的には本人ではないので当たり前のようですが私には分かりません。

でも、確実に手っ取り早く分かる方法があります。

そうです、すぐその○○さんの所に行って想いを伝えてください。

好きだと思ったら、その想いは早く伝えるのに越したことはありません。

実はこんな統計があります。

「好きだと言われてから付き合った」が70%以上というデータがあります。

一つは多くの方が「自分を好きになってくれた人」を好きになっています。

告白されてつき合ったという気持ちが、次第に、いつしか「大好き」に変わっていくことが多いのです。

逆を言えばこの70%以上のカップルは、どちらかが「好きです!」と伝えていなければつき合っていなかった可能性があったという事です。

必ず最初はどちらかの片思いが圧倒的で、好きと言われ、お相手に意識し始め、徐々に自分も好きになり、やがて両想いになる。

好きという好意を伝えれば、もちろん振られてしまう可能性もあります。

でも、ずっと片思いを続けるよりも、いっそ振られてしまった方が次の出会いのチャンスは広がります。

ずっと片思いのままでは時間だけが過ぎて行きます。

まだ若いうちはそれでも良いのですが、、、

お相手がそのつもりがないのであれば、すぐに諦めることが出来なくても、徐々に諦めるしかありません。

ビジネスでも同じでリスクを背負うほどチャンスも広がる。

「振られてしまうかもしれない」というリスクを取って、思い切り告白したらつき合えることとなった。

その時は振られてしまったけれど、次にはもっと素敵な出会いが訪れた。

良い結果になろうと、悪い結果になろうとお相手から答えをもらう事も大切です。

「振られて傷つきたくない」と思うよりも、好きだったら傷つく覚悟を持って告白した方がよっぽど尊いです。

自分から想いを伝えませんか?

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木




最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「