「時間がない」は99%言い訳です

「時間がない」は99%言い訳です。

考えてみてください。

今夜憧れの彼女とデートできるとなったら死に物狂いで仕事を終わらせて定時で帰るでしょう。意中の彼氏とデートできるとなったら何が何でも定時で仕事を終わらせるでしょう。

「親が危篤だ」と連絡を受けたら、仕事なんて放りだして直ぐに向かうでしょう。

結局は「時間がない」は「そこまでやる気がない」の言い換えなんです。

結局はすべてに優先順位を決めているのはあなた自身。

例えばAさんとBさんのお見合いが成立しました。

お見合いが成立したにも関わらず、Bさんからは日程の連絡がなかなか来ない。

Bさんから日程の連絡が届いたかと思えば「時間が無くて、、、遅れました」と。

この時点でBさんはAさんに興味がさほどない事が分かります。

Aさんに感じ取られてしまうのです。

注意:仕事上休日が月末にならないと分からない方もいらっしゃいますので、その方は当てはまりません。

仮交際中のやり取りもそうです。

Aさんからメールを送っても、Bさんからはしばらく返事がなく1週間後に突然連絡が届いたり「ごめん、忙しくて、、」

でも、本当にお相手の事を想っていたら、絶対彼女にしたいと思っていたら待たせませんよね。

Bさんは隠したつもりでも「忙しくて」との言葉によってBさんの優先順位がバレバレなんです。

ですから、時間を言い訳にしている限り何も始められないのです。

「時間が無くてなかなかやりたい事まで出来なくて、、」

やりたい事があるならすぐにやった方が良い。

やらないなんてもったいない。

せっかくやりたい事が分かっているのですから、やってみようかどうしようかで迷っていても仕方ありません。

迷うぐらいならやってみる!

それだけです。

大切なのは出来るか出来ないかではなく、やりたいのか、やりたくないのかの二者択一です。

出来るか出来ないかなんて始まる前に考えていても分からないですよね。

やりたい事があるならチャレンジあるのみです。

その方がワクワクしませんか(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情