「自分が間違った」と思ったらすぐに認める

恋愛や結婚生活の中では、ちょっとした行き違いや言葉の取違いなどが必ず出てきます。

その流れで激しい喧嘩が始まり別れのきっかけになってしまったりする事も少なくありません。

その中で肝心なのはその後の対応になります。事後処理です。

これを間違えると、せっかく結ばれた縁もプツンと切れかねません。

せっかく奇跡の出会いがあって「ご縁」ができたのに、ちょっとした対応のまずさで壊れてしまうのはもったいないですよね。

自分に原因がある事が分かっていてもなかなか認められない。

なかなか謝罪出来ないでいる間に関係はますますこじれてしまい、修復が不可能のところまでいってしまう事だってあります。

元はといえば何でもないほんの些細な事なのに。

すぐに認めて謝ってしまえば関係の修復など大したことがないのに、時間が経つにつれて関係を戻すことの難易度が高くなります。

「すぐに謝ってくれればこんな事何でもないのに、、、」

芸能界や政治家でも謝罪会見のつもりが謝罪していない事が多いですよね。

言い訳をしたり、認めなかったり、話を濁したり、ごまかしたり、嘘をついたり。

そんな時に世間は「素直に謝ればいいだけなのに」と思ってしまいます。

こんな言葉があります。

「過ちをおかして、謝罪をしない事こそが過ちだ。」

自分が悪いなと思った時は素直に謝るのが一番です。

これが一番お互いの関係を引きづりませんよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木




最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情