「見た目」は予選で「中身」が決勝


もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。

人は見た目が9割と言う人もいますから。

そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。

たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。

でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。

最初のたった3秒?

と思われるかもしれません。

しかしこの3秒を制する為には何か月も前から並々ならぬ努力が必要になってくるのです。

最初の3秒の為には体型を維持するためにダイエットが必要になったり。

お肌を維持するためにスキンケアが必要であったり。

当日だとビシッとしたスーツが必要だったり。

ヘアスタイルだったり。

メイクだったり。

当日お会いする人に対して「私はあなたに対して真剣に向き合って、今日こちらに来ています」と言う意思表示が必要なんです。

しわくちゃな服装だったり、寝癖がついていたりなんかしていた日には3秒で本日のお見合いは終了と同じなんです。

それほど「見た目」と言うのは、それだけで相手にどのように思われるかが決まってしまうのです。

例えば「イケメン、美人」の写真があります。

そうすると、「この人達は明るくて社交的な人かな。穏やかそう。なんか成功してそう」と好印象を持ってしまう事が分かっているのです。

でもだからと言って「俺はイケメンじゃないから」

「私は美人でもないから」

と卑下する必要なんてさらさらありません。

一番いけないのは見た目が悪いからと勝手に自己認識してしまい、自信がなくなり積極的になれない事です。

その為には見た目を少しでも良くしていこうと努力し行動していきましょう!

そうすれば予選を突破する事ができ後は「中身」の勝負に移ります。

そこであなたに質問があります。

「あなたは異性のどこを見ていますか」

「容姿?外見?」

など入ってきます。

では逆に「あなたは異性に自分のどこを見てもらいたいですか」

そうするとほとんどの方はこう答えます。

「もちろん内面、中身!」ですよね。

自分の中身を見てもらいたいのであれば、まずは異性が最初にどこを見ているのか(容姿、外見)を理解しましょう。

その上で中身を磨く事だと思います。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「