• す~さん

「論破」するばかりが正しい事ではない

最近のドラマで「グランメゾン東京」にはまっています。料理も美味しそうで内容も面白いですね。

そして、そのロケ地になっているレストランで昔、接客の勉強の為に食事した事を思い出しました。毎週が楽しみです(^^♪

さて、常に自分の正しさを言いつのって、お相手の言葉には一切耳を傾けない。

そのような態度で接していたら、遠からず、その人間関係はギクシャクするものになります。

「それは違うよ。分かってないな。こう言うことなんだよ」

このように正論は我にありと信じて疑わず、一方的に意見を押し付ける。

このような方と結婚してしまっては長く続くはずがありません。

自分が正しいと思い正論を話される時、その目線は必ずお相手よりも高くなります。

そのような関係では信頼関係が生まれるはずがありません。

このように「そう言えば自分の意見を押し付けてしまうな」と言う方は注意してみてくださいね。

もちろん、誰でも自分の思っている事には自信を持っていますし、正しいと思っています。

そのような事でツイッターなどに特に多いのですが、自分が正しいと言う主張のオンパレード。

その為に、些細な事で大炎上があちこちで起こっています。

どんな考え方、意見もあっていいのだと思います。犯罪に関わる事は別ですが、、、。

大切なのは一度受け止める事。

時には相手の考えや意見を受け止める事で、自分の考えの未熟さに気付かされたり、間違いに気付かされることがあります。

どうしてもプライドが高い人は自分が正しいという思いが優先してしまい、人の意見をまったく受け入れない傾向があります。

その為に衝突が起こりやすい。

ですので、直ぐに「正論」を振りかざしたり「論破」しようとせず、時には相手の顔を立ててみてください。

お相手も顔を立てられたら、こちらの意見も真摯に聞いてくれるでしょう。

相手をとことんやり込めても何も得られません。むなしい征服感だけです。

相手の考えや意見を受け止める事で、自分の考えを広げることが出来、自分自身の成長につながる事ができますよ。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木