top of page

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

本年も会員様が幸せにご成婚いただけるよう、全力で取り組ませて頂きます!

さて、出生数がとんでもない事になっている状況です。

第一次ベビーブーム(1947~49年)は約270万人、第二次ベビーブーム(1971~74)は約200万人でした。

その後は増加と減少を繰り返しながらも少しずつ穏やかな減少傾向となり、2019年度の出生数はなんと約86万人まで減少となりました。

そしてコロナの影響もあり今年はさらに晩婚化と妊娠を控える傾向が重なり、80万人を割り込む試算が出ています。

予想以上の減少化により、今後の現役世代が高齢者を支える社会保障制度は大きく変わるでしょう。

なにはともあれ、弊社が出来る事は会員様に対して全力で取り組む事。

それが少しでも少子化対策に繋がればと思っております(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵な1年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

最新記事

すべて表示

こんにちは。 さて、あなたの人生で今まで起きた幸せな出来事が、もし起きていなかったらどうなっていましたか。 一度想像してみませんか。 「今まで起きた幸せな出来事がもし起きてなかったらどうなっていたのだろう」と。 例えば、受験で合格して念願の大学に通えた。 素敵な彼女ができた。 仕事で昇進した。 待望の子供が産まれた。 などなど、自分が思う幸せな出来事を思い出してみてください。 そして、今度は「もし

こんにちは。 さて、マッチングアプリでは気になる方と出会ったものの、プロフィールとは大きく違っていた!という話もお聞きします。 全国のお医者さんの数よりもアプリに登録されている医者の数が多いというデータもあるほどです。 そこで、2022年10月に某相談所様がマッチングアプリのプロフィールについてインターネット上でアンケート調査をしました。 調査対象は全国の20~40代男女マッチングアプリの利用者5

こんにちは。 今月ですが、またまた成婚退会が出そうな感じです。 まだあまりお伝えできませんが、あとはプロポーズのみとなっています。 結婚相談所は突然プロポーズするというよりも事前に確認されることが多いです。 お相手の相談所様と「プロポーズをした場合にお受けいただけるか」を事前確認した上で、あらためて思いを伝えていただくんです(^^♪ もう少しです!頑張りましょう! さて「期待するのをやめる」という

bottom of page