あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

本年も会員様が幸せにご成婚いただけるよう、全力で取り組ませて頂きます!

さて、出生数がとんでもない事になっている状況です。

第一次ベビーブーム(1947~49年)は約270万人、第二次ベビーブーム(1971~74)は約200万人でした。

その後は増加と減少を繰り返しながらも少しずつ穏やかな減少傾向となり、2019年度の出生数はなんと約86万人まで減少となりました。

そしてコロナの影響もあり今年はさらに晩婚化と妊娠を控える傾向が重なり、80万人を割り込む試算が出ています。

予想以上の減少化により、今後の現役世代が高齢者を支える社会保障制度は大きく変わるでしょう。

なにはともあれ、弊社が出来る事は会員様に対して全力で取り組む事。

それが少しでも少子化対策に繋がればと思っております(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵な1年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

最新記事

すべて表示

あなたと私が出会う確率

婚活には波があります。 楽しい時もあれば当然つらい時もあります。 こんなに辛いのはこの世で私だけだよ、なんて感じる時さえあります。 そんな時に一番多くお話しさせて頂くのは私の両親の出会いです。 以前にもお話ししましたが私の両親はお見合い結婚です。 今のようにスマホを見て検索して、いい人がいたら申し込む。 そのような画期的なシステムはありませんでした。 仲人さんが写真と身上書を持ってきて「〇〇の所に

理想の相手を見つける確率論

さて、結婚相談所でお見合いをして何度も色々な人とお会いしているが、理想の人が分からなくなってきた。 そんなご相談がありました。 「最初の人とつきあって、もっと良い人がでてくるんじゃないかと思ったり。かと言ってずっと見逃していると、一番良い人を見逃してしまうんじゃないかと思ってしまう」 そんな事もあり、林修氏が「理想の相手と結婚する方法」を話していたことを思い出しました。 例えば数学的に何番目に付き

完璧主義では婚活に向かないですよ

遂にオリンピックが始まりました。 開会式での花火や上空を飾ったドローンは凄かったですね。 特にドローンは上空の立体的な映像にビックリです。 今後は全力で頑張る選手たちを心から応援したいと思います! 個人的には池江さん頑張ってください(^^♪ さて、完璧主義の一番の弱点は「失敗を恐れてしまうあまり挑戦しなくなる」ことです。 完璧を求めることは仕事の面ではとても良い時もあります。 私もプランナー時代の