あなたがあきらめない限り私はあきらめません

J・K・ローリングが出版社に作品を持ち込んだとき、最初の10社であきらめていれば、ハリーポッターシリーズはこの世に生まれませんでした。

ハワード・シュルツが事業への出資を依頼して回った時、242社の銀行や融資会社に断られた時点であきらめていれば、あなたの近くのスターバックスは存在しなかった。

ウォルトディズニーがテーマパークへの出資を300社以上から断られた時、そこであきらめていれば、あなたの大好きなディズニーランドは出来なかった。

何かの目標に到達するための道を歩き始めようとしない人が多いのは、一つの理由として失敗するのが怖いからでもあります。

でも、成功したいなら、、、失敗は不可欠です。

どんなことでも、最初に失敗を繰り返すことなく成功した人はほとんどいません。

婚活に例えると結婚をしたいのなら、お断りされる事は不可欠です。

どんな人でも、イケメンでも、美人でも、最初にお断りを経験することなくご成婚される方はほとんどいません。

勝者とは、決して失敗しない人ではありません。

決してあきらめない人だと思うのです。

あきらめてしまえば、その時点で終わってしまいます。

以前にもお話させて頂きましたが、私の両親はお見合い結婚でした。

そして母のお見合い回数は27回したとの事です。

最近になってこの事を聞いてビックリした記憶があります。

昔のお見合いで27回は多いのです。

何が言いたいかと言いますと、もし母が途中であきらめていたら、私たちは生まれてこなかった。という事。

ほんとにありがたい(^^♪

失敗するからこそ、お断りされるからこそ、どうすれば上手くいくのかが分かってくる。

ボクサーだってノックダウンされたから試合に負けるのではなく、もう一度立ち上がらないから負けるのです。

ですからあきらめないでください。

あなたが諦めない限り私は決してあきらめません!

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪






最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情