お見合いから恋愛につなげる方法

昔々のお見合いは、両家が半ば強制的にお見合いを行い、本人たちの意思とは無関係に行われていました。

しかし、今現在のお見合いは全く違います。

お見合い=紹介の場であり合コンや婚活パーティー、友人からの紹介などと同様の一つの出会いのツールであります。

結婚相談所でのお見合いと言えば「お見合い後、結婚」というイメージがありますが、実はここがお見合いの席でやりがちな落とし穴なのです。

最初のお見合いで「結婚」の条件について話し合う。

これはお相手がどう人かと言う前に条件が先に出てしまい、お相手様の中身をまるで見ていないことになります。

お見合いでも何でもそうですが、相手を好きになったり魅力を感じない事にはその次に来る「成婚」まではたどり着くことが出来ません。

好きにならない事には成婚は無いのです。

最初からお見合い時に結婚生活の条件の事をお話しても、心が追い付いていないのです。

先に大切なのはお互いを知っていく事です。

お相手は普段何をしているのか、何が好きで、どんなことに興味があるのか、どんなものを大切にしているのかなどです。

そして、今回はその先のお見合いから恋愛に繋がる方法をお話させて頂きます。

お見合い→恋愛→成婚

この流れが理想的な成婚までの道になります。

お見合いから恋愛までに繋げるために難しいのは、個人情報を守ろうとするあまり、警戒し過ぎてしまう事です。

最初は相手がどんな人か分からないので相手を警戒してしまうのです。

そして相手も同じようにあなたがどんな人か分からないので相手も警戒してしまうのです。

お互いがこの人は良い人なのか、悪い人なのか、話が合うのか、合わないのかなど初めて会うお相手に対して警戒して避けようとしてしまうのです。

そこであなたの方から積極的に「自己開示」をすればどうなるでしょう。

あなたが自己開示する事であなたの人となりがお相手に伝わります。

相手にあなたがどんな人かが伝われば警戒心が一気に解かれます。

相手と仲良くなるには相手の警戒心を解くことが一番の近道であり、相手も自分の事を話してくれるようになります。

うわべだけの会話ではお互いに心が動きません。

まず自分の方から積極的に飾らずに正直にお話する事によって、同じようにお相手もお話してくれるようになり、お話の内容も濃くなり親密度もアップし、親近感が湧きます。

よく仮交際で何回かお会いした後に「この先この人の事好きになれるのでしょうか?」と悩まれている方がいらっしゃいます。

でも、悩まれている時点で好きにはなれないような気がするんです。

交際中でお互いが深くまで話せない表面的な仲になってしまって、先に進まない状態です。

ですから、まずは自分から心を開いてみましょう。

あなたが思う以上に、お相手からのお返事は交際OKという良いお返事がたくさん届きますよ(^^♪

お見合い後のお返事が良くないと思う方は試してはいかがでしょうか(^^♪

あなたが先に自己開示してみましょう。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木




最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情