お見合いから恋愛につなげる方法

昔々のお見合いは、両家が半ば強制的にお見合いを行い、本人たちの意思とは無関係に行われていました。

しかし、現在のお見合いは違います。

お見合いは紹介の場であり、合コンや婚活パーティー、友人からの紹介などと同様の一つの出会いのツールであります。

結婚相談所でのお見合いと言えば「結婚を意識してのお見合い」というイメージがありますが、実はここがお見合いの席でやりがちな落とし穴なのです。

最初のお見合いで「結婚」の条件について話し合う。

これはお相手がどういう人かと言う前に条件が先に出てしまい、お相手様の中身をまるで見ていないことになります。

お見合いでも何でもそうですが、相手を好きになったり魅力を感じない事にはその次に来る「結婚」まではたどり着くことが出来ません。

好きにならない事には成婚は無いのです。

最初からお見合い時に結婚生活の条件の事をお話しても、心が追い付いていないのです。

先に大切なのはお互いを知っていく事です。

お相手は普段何をしているのか、何が好きで、どんなことに興味があるのか、どんなものを大切にしているのかなどです。

そして、今回はその先のお見合いから恋愛に繋がる方法をお話させて頂きます。

お見合い→恋愛→成婚

この流れが理想的な成婚までの道になります。

お見合いから恋愛まで繋げるためにやってしまいがちな事は、個人情報を守ろうとするあまり、相手を警戒し過ぎてしまう事です。

最初は相手がどんな人か分からないので相手を警戒してしまうのです。

そして相手も同じようにあなたがどんな人か分からないので相手も警戒してしまうのです。

お互いがお互いにこの人は良い人なのか、悪い人なのか、話が合うのか、合わないのかなど。

初めて会う相手に対して超警戒モードとなり、うまく避けようとしてしまうのです。

そこであなたの方から積極的に「自己開示」をすればどうなるでしょうか。

あなたが自己開示する事であなたの人となりがお相手に伝わります。

相手にあなたがどんな人かが伝われば警戒心が一気に解かれます。

相手と仲良くなるには相手の警戒心を解くことが一番の近道であり、相手も自分の事を話してくれるようになります。

うわべだけの会話ではお互いに心が動くはずありません。

まず自分の方から積極的に飾らずに正直にお話する事によって、同じようにお相手もお話してくれるようになり、お話の内容も濃くなり親密度もアップし、親近感が湧きます。

よく仮交際で何回かお会いした後に「この先この人の事好きになれるのでしょうか?」と悩まれている方がいらっしゃいます。

でも、悩まれている時点で好きにはなれないような気がします。

交際中でお互いが深くまで話せない表面的な仲になってしまって、先に進まない状態です。

ですから、まずは自分から心を開いてみましょう!

お見合い後のお返事が良くないと思う方は試してはいかがでしょうか(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室



最新記事

すべて表示

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?

こんにちは。 今週は11件のお見合いです。 みなさま素敵なご縁になると良いですね。 応援しております! さて、営業で一番自分が好きな商品、気に入っている商品が一番売ることが出来ます。 当然ですよね。 その商品の説明をした時に相手は自然に説得力を感じられますから。 恋愛やお見合いの場合でも一緒だと思います。 売り込むのが「商品」ではなく、代わりに「自分自身」になっただけ。 だから早い話が「自分自身」