top of page

お見合いでは言葉よりもっと大切な事があります

こんにちは。

先日ですが「お見合いで何を話せばいいんですか」とのご相談をいただきました。

実は「何を話せばよいのか」よりもそれ以前に大切な事があるという事をお話しさせて頂きました。

それは対面コミュニケーションの場合、相手に与える印象は「何を話すか」「どんな言葉を使うか」よりも他にもっと大切な事があるからなのです。

このような研究データがあります。

①声のトーン38%

②体の姿勢や表情、身のこなしが55%

③言葉はわずか7%である

これはどういう事かと言いますと、あなたが相手に与える印象は話す内容よりも、多くの事を①、②によって伝えてしまっているというデータです。

例えばですが、お見合いのご挨拶「よろしくお願いします」と言う言葉。

明るく笑顔で声もワントーン上がった感じで「よろしくお願いします」と挨拶をされるのと、椅子に座ったまま足を組んだ状態で「よろしくお願いします」とでは相手が受け取る印象は180度違いますよね。

前者は好印象と感じますし、後者に限ってはもうこの段階で「お断り確定」の悪印象です。

後者では言葉では「よろしくお願いします」と言っていますが、椅子に座ったまま足を組んだ状態そのものの行為が「あーめんどくせーな。今日は言われたから来ただけだから。早く帰りてーよ」と発しているのと同じなのです。

明るく笑顔で「今日は楽しかったです」と伝えるのと、目を合わせず下を向きながらボソッと「今日は楽しかったです」と伝えるのでは交際成立なる可能性は格段に変わります。

つまり、「どんな言葉を発しているか」よりも、あなたの表情や体の姿勢、身のこなし、声のトーンがあなたの印象を決定づけているという事なのです。

しかも相手は意識下での判断をされていますから、あなたは何が原因でお断りされたのかが分からないので余計に厄介なのです。

「お断り」が多いと感じる方は、かっこいい言葉を使うよりも、言葉そのものを意識するよりも、まずは②を徹底的に意識して変えてみる努力をしていきましょう。

②の体の姿勢や表情、身のこなしを意識して変えていけば①の声のトーンに関しては自然に上がってくると思います。

私自身の感覚になってしまうのですが、お見合いでのお断り原因は①、②が約9割位を占めているのではと思います。(きちんとした服装でお見合いをした場合です)

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

「いつか好きになるかもしれない」は「やっぱり好きになれない、、、」になります

こんにちは。 今週のお見合いは17件です! 楽しむことを忘れずにお話ししてみてくださいね。 頑張ってください(^^♪ 応援しております! さて「条件はいいんです。収入も問題ないと思いますし、誠実だし浮気もしなさそう。見た目だって悪くはない。でも何故かドキドキしないんです。このままお付き合いしてもっと会う回数を増やせばいつか好きになれるのでしょうか」 と言うご相談がありました。 さて、あなただったら

「今日は盛り上がった!」それでもあなたがお断りされた理由

こんにちは!現在ですが複数のイベントを考えています! 検討しているのが「婚活者の方々の体験イベント」 例えば、バーベキューであったり、いちご狩りであったり、料理イベント的なもの。 そして「女性婚活者だけの座談会」 女性の方だけでお互いに情報共有したり、たわいもない会話をすることでお互いに気持ちが楽になればよいかなと。 そして「男性婚活カリキュラム」 実際の婚活女性を招いて、こんな時女性はこう感じて

Comments


bottom of page