お見合いでは言葉よりもっと大切な事があります

こんにちは。

先日ですが「お見合いで何を話せばいいんですか」とのご相談をいただきました。

実は「何を話せばよいのか」よりもそれ以前に大切な事があるという事をお話しさせて頂きました。

それは対面コミュニケーションの場合、相手に与える印象は「何を話すか」「どんな言葉を使うか」よりも他にもっと大切な事があるからなのです。

このような研究データがあります。

①声のトーン38%

②体の姿勢や表情、身のこなしが55%

③言葉はわずか7%である

これはどういう事かと言いますと、あなたが相手に与える印象は話す内容よりも、多くの事を①、②によって伝えてしまっているというデータです。

例えばですが、お見合いのご挨拶「よろしくお願いします」と言う言葉。

明るく笑顔で声もワントーン上がった感じで「よろしくお願いします」と挨拶をされるのと、椅子に座ったまま足を組んだ状態で「よろしくお願いします」とでは相手が受け取る印象は180度違いますよね。

前者は好印象と感じますし、後者に限ってはもうこの段階で「お断り確定」の悪印象です。

後者では言葉では「よろしくお願いします」と言っていますが、椅子に座ったまま足を組んだ状態そのものの行為が「あーめんどくせーな。今日は言われたから来ただけだから。早く帰りてーよ」と発しているのと同じなのです。

明るく笑顔で「今日は楽しかったです」と伝えるのと、目を合わせず下を向きながらボソッと「今日は楽しかったです」と伝えるのでは交際成立なる可能性は格段に変わります。

つまり、「どんな言葉を発しているか」よりも、あなたの表情や体の姿勢、身のこなし、声のトーンがあなたの印象を決定づけているという事なのです。

しかも相手は意識下での判断をされていますから、あなたは何が原因でお断りされたのかが分からないので余計に厄介なのです。

「お断り」が多いと感じる方は、かっこいい言葉を使うよりも、言葉そのものを意識するよりも、まずは②を徹底的に意識して変えてみる努力をしていきましょう。

②の体の姿勢や表情、身のこなしを意識して変えていけば①の声のトーンに関しては自然に上がってくると思います。

私自身の感覚になってしまうのですが、お見合いでのお断り原因は①、②が約9割位を占めているのではと思います。(きちんとした服装でお見合いをした場合です)

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

こんにちは。 日本1次リーグ突破おめでとうございます! 凄かったですね。ただただ凄かった。 負けた後の批判や講釈は素人でもできますが、私たちが出来ることは純粋に選手を応援することだと思います。 応援は選手にとっての力になる! 頑張ってください! 婚活も孤独との戦いなんですよね。 気軽に話が出来る友人や家族だって婚活になると相談するのは難しい。 成婚された方だって活動中には涙を流されたとお聞きしまし

こんにちは。 ワールドカップ。 残念ですが、日本はコスタリカに負けてしまいましたね。 次はスペイン戦、頑張ってください! その中でも凄いと思ったことですが、あの負けた時もサポーターたちはサッカー場のごみ拾いをされたそうです。 通常ですと負けてしまったことで頭が一杯になって「もう帰ろう」となると思うのです。 でも、しっかりとどのような状況であれごみ拾いをされたとの事でした。 なかなか出来ないですよね

こんにちは。 以前ご成婚退会された方より「今日、無事に結婚式が終わりました。本当にありがとうございました」とのご連絡がございました。 素敵な結婚式の様子のお写真も送ってくださりありがとうございます。 とても幸せな表情をしたお二人でした。 ご結婚おめでとうございます!! さて、今年も気がつけばあとわずか。 あなたはこの1年いかがお過ごしでしたでしょうか。 婚活を始めようと思ってはいたもののいつの間に