お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。

皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪

先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。

「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。

これはなんでしょう。

自分は主夫します、との事でしょうか。

もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。

もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んではいません。

男性はその事に早めに気づき行動していきましょう(^^♪

さて「キャッチボール」とは。

二人が投げる、受けるを相互に繰り返すことであります。

よく聞く「言葉のキャッチボール」

これはお見合いでも当然必要なスキルになります。

ただこの「言葉のキャッチボール」を勘違いしている人が多いのです。

会話をお互いに交互にすればよいということではありません。

「キャッチボール」と同じように「相手が投げたボールをしっかりとキャッチし相手の捕りやすい所に投げてあげる」必要があります。

お見合いでお断りされてしまう方はしっかりと相手の受け取りやすい所に投げていないのです。

例えば自分だけが知っている専門用語を多用していたり。

会話というのは難しい言葉を使い頭を良く見せる為のものではありません。

誰にでも理解できるような、小学生でも分かりやすい言葉を使って話してみてください。

専門用語ばかりのような難しい言葉ばかり使っていてはただの独りよがりです。

相手はストレスを感じてしまいます。

また重いボールを投げていたり。

相手にとっては重たすぎる質問をしていませんか。

「今まで何人の人と出会ったのですか」

「相談所に入ってどのくらいなんですか」

「前彼はどんな人だったんですか」

相手にとって答えずらい、デリカシーがない言葉を平然と投げかけてしまうのです。

重いボールも重すぎて相手は受け取れません。

またとんでもない方向に投げていませんか。

相手との会話の中で、話があっちこっちと論点がずれた会話になってしまっている。

投げかけた質問に対して的外れな回答をしてしまっている。

究極はボールを投げずにず~っと持っている。

自分の話に永遠と夢中になってしまい、相手になげかけようとしない。

これでは相手は退屈してしまいます。

言葉のキャッチボールは相手の投げたボールををしっかりと受け止めるか、そしていかに相手の捕りやすい所に投げてあげるかです(^^♪

本日もお付き合いいただき誠にありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室




最新記事

すべて表示

あなたと私が出会う確率

婚活には波があります。 楽しい時もあれば当然つらい時もあります。 こんなに辛いのはこの世で私だけだよ、なんて感じる時さえあります。 そんな時に一番多くお話しさせて頂くのは私の両親の出会いです。 以前にもお話ししましたが私の両親はお見合い結婚です。 今のようにスマホを見て検索して、いい人がいたら申し込む。 そのような画期的なシステムはありませんでした。 仲人さんが写真と身上書を持ってきて「〇〇の所に

理想の相手を見つける確率論

さて、結婚相談所でお見合いをして何度も色々な人とお会いしているが、理想の人が分からなくなってきた。 そんなご相談がありました。 「最初の人とつきあって、もっと良い人がでてくるんじゃないかと思ったり。かと言ってずっと見逃していると、一番良い人を見逃してしまうんじゃないかと思ってしまう」 そんな事もあり、林修氏が「理想の相手と結婚する方法」を話していたことを思い出しました。 例えば数学的に何番目に付き

完璧主義では婚活に向かないですよ

遂にオリンピックが始まりました。 開会式での花火や上空を飾ったドローンは凄かったですね。 特にドローンは上空の立体的な映像にビックリです。 今後は全力で頑張る選手たちを心から応援したいと思います! 個人的には池江さん頑張ってください(^^♪ さて、完璧主義の一番の弱点は「失敗を恐れてしまうあまり挑戦しなくなる」ことです。 完璧を求めることは仕事の面ではとても良い時もあります。 私もプランナー時代の