お金ってなんだろう

ホームレス芸人小谷さん知っていますか?

とにかくホームレスなのにいい暮らしをして、超幸せでしかも結婚もしてるんです。

お金は持っていない。と言うかいらないそうです。

でもお金が無くても生きていける。

「お金ってなんでしょう」

お金をたくさん持っている人でも苦しんで幸せそうじゃない人もいますし、お金が無くてもすごい幸せな人もたくさんいる。

そして、この人ホームレス小谷さんはホームレスであって、BASEというサイトと言う直ぐにネットショップを作れるサイトがあるのですが、そこでお店を出してます。

ホームレスだから何を売る?

となった時に自分を売ったのです。

株式会社住所不定。

1日何でもしますと言う何でも屋さんです。

草むしりしたり引っ越しの手伝いをしたり。

何でもするのですが、その時に普通1日ですと8,000円とか10,000円とか取りますよね。

それが最初のオープン記念セールで100円!

そしてオープン記念セールが終わって1ヶ月後は50円!

ちょっと安くなってます(^^♪

何でも50円なんです。

それでどうやって暮らせるの?と思いますよね。

ただ面白いのが、草むしりを1日50円でやるのです。

朝から昼まで一生懸命草をむしるんです。

でも人を働かせてたら、お昼くらいになって大人の人を50円で働かせたら申し訳ないなと思って、買った人は最初はまず昼ご飯を出すんです。

お昼をごちそうになるんです。

ご飯をいっぱい食べて、昼からまた働き出して夜まで一生懸命草をむしるんです。

そうしたら、50円で朝から晩まで働かしたら申しわけないと言う事で、買った人が夜をごちそうするんです。

昼夜一緒にご飯を食べたら仲良くなって「この後飲みに行くか」といって飲み代も払ってもらうんです。

最初買った人は50円で買ってるんですけど、買った人は結局は結構なお金を出してるんです。

しかもすごく感謝されてるんです。ものすごく感謝されてるんです。

そして結婚もしたのですが、結婚する時にクラウドファンディング、ネット上でこんなことやりますよと言ってプレゼンをして、結婚資金を募ったのです。

150万位募集して1口4000円。

4000円入れてくれたら結婚式に参加できますよ。というリターンを作って、、、

期間は3週間くらいで、みんな4000円出したんです。

これを誰が出したかと言うと、これまで小谷さんの事を50円で買った人が「それじゃ小谷君が結婚するんだったら4000円ぐらい出すよ」とみんな出したんです。

そして170万円位集まった。その他もあって220万円位集まり、結婚式しても100万円位余った。

その残った100万円普通は残しておきますよね。

でも結局フィリピンに100万円位寄付したそうです。

結局は小谷さんは「お金ではなく沢山の信用や信頼を持っている」

その信用がお金になってる。

しかもみんなに信用されているからすごい幸せなんです。

私達はどうしても目先だけの損得で考えてしまうのですが、本当の信用は損得を度外視した所にあるのだと思います。

周りから見ると幸せそうで「いいな~」と見えるのに、本人にとっては全然幸せじゃない、という事はいくらでもあります。

結婚して自分が本当に幸せを感じるのはどのような人か。

まずはその所を深く考えてみましょう(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木



最新記事

すべて表示

こんにちは。 今週も3連休ですね。 お見合いは10件です。 皆さん頑張ってください! そして仮交際中の方へ! 良い仮交際は会うたびにどんどん楽しくなり幸せを感じてきます。 悪い仮交際は会うたびにどんどん苦しく感じてしまいます。 苦しく感じてきたら要注意、もしかすると「その道ではないよ」という心のサインかも知れません。 心のサインを見逃さないでくださいね。 さて、悩みというものは「なぜ」「どうして」

こんにちは。 今回は女性編です。 さて、婚活最強は感情(愛情)表現にあると言っても過言ではありません。 ここでいう愛情表現とは「愛してる」とか「好きです」ではないです。 例えばお見合い中なら 「そんな大変なお仕事しているんですね。仕事頑張っている人ってすごく素敵です」 「○○さんとお話ができてすごく楽しかったです!」 このような感情(愛情)表現です。 デートの場合だったら 「○○さんと一緒ならどこ

こんにちは。 先日ですが、JR宇都宮駅構内にある立ち食いそばに寄ったんです。 この立ち食いそばの「鴨汁つけそば」が絶品なんです! ぜひ、食べてみてください(^^♪ 今回もその「鴨汁つけそば」を食べていると、大きな声で「ごちそうさまでした!」と言う声が聞こえました。 振り向いてみると、小学5年生くらいの男の子です。 お店の方も「ありがとう!また来てね」とそこには笑顔がこぼれていました。 その状況を見