top of page

このたび、す~さんの結婚相談室が「活動分析×サポートに強い結婚相談所特集」に選出されました



こんにちは!

IBJにて【活動分析×サポートに強い結婚相談所特集】に掲載されました。

IBJ加盟店約4200社の内の上位150社に選出となりました。

これからもデータに強い結婚相談所&サポートを目指していきたいと思います!

よろしくお願いいたします(^^♪

さて、【○○でいい、ではなく○○がいい】のお話です。

私がよく家庭で怒られることがあります。

それは

「何食べる~。うどんとかそうめんとかあるけど」と聞かれた時、ついうっかりと「そうめんでいいよ」と言ってしまう事です。

すかさず妻に「そうめんで、で、でじゃないでしょう」「そうめんが、が、がいいでしょ」と言われてしまいやり直しされるのです。

たった1文字の違いですが、「で」と「が」では意味合いがおおいに違いますよね。

想像してみてください。

自分がそうめんだとしたら。。。

「そうめんでいいや~」っ言われたら。

そこには「本命じゃないけれど、顔も性格もまあまあだから、とりあえず、つきあってみるか」という、相手に対する妥協の念が込められています。

そんな相手とはお付き合いできませんよね。

一方、「そうめんがいい!」と言ってくれたらどうでしょう。

たった1文字の違いなのに「もうあなたしかいない!大好きです!」といった真っすぐな思いが伝わります。

それに自分でも「そうめんでいい」と言って食べたそうめんと、「そうめんがいい」と言って食べたそうめんの味は違う味になります。

ついつい無意識に妥協的に使ってしまう「で」という言葉。

「この人でいいかな」

「このお店のランチでいいかな」などなど。

「で」を「が」に変えるだけで、どうでしょうか。

「この人がいい!」

「このお店のランチがいいです!」

気持ちが前向きになり幸せな選択になることと思います。

「この人がいい!」です。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますよう(^^♪

最新記事

すべて表示

相手の悪いところばかりが見えてしまう人へ

こんにちは。 この度、30代女性会員様がご成婚退会となりました! そしてなんと、40代女性会員様もご成婚退会となりました! ご成婚が続く時は不思議と続くんですよね(^^♪ 後日改めてお話をお伺いさせていただきたいと思います。 おめでとうございます!! さて、昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止

Comments


bottom of page