どんなことでもリスクはあります

こんにちは。

暑い日が続きますね。

一歩外に出ただけで汗だくになってしまいます。

猛暑のデートではあまり外を歩き回るよりも、涼しい場所の方が良いですね(^^♪

さて、リスクに関するちょっとしたお話です。

【恐怖の化学物質DHMO】

1997年、アメリカの科学界で話題となったお話です。

それはネイサン・ゾナー君14歳が書いた1つのレポートでした。

彼はDHMOという化学物質の害を訴え、この物質の使用規制を求めて周囲の50人の大人達に署名活動を行い、そのうちの43人の人たちにサインを受け取ることが出来ました。

DHMOの危険性は次のような物です。

①酸性雨の主成分である

②強い温室効果を持ち地球温暖化の原因となっている

③高いレベルのDHMOにさらされることにより植物は成長を阻害される

④末期癌の腫瘍細胞の中にも必ず存在している

⑤固形状態のDHMOに長時間触れると皮膚の大規模な損傷を起こす

⑥多くの金属を腐食、劣化させる

⑦自動車のブレーキや電気系統の機能低下の原因になる

そしてこの危険な物質は、アメリカ中の工場で何の規制もなく使用され、そして排出されている。

結果として全米の湖や川、果ては母乳や南極の氷にまでDHMOが検出されてしまっていると訴えました。

あなただったら、この訴えに対して賛成し署名しますか?

「こんな悪い物質をこのままにして良いはずがないじゃないか!」と思った方もいるかと思います。

冷静に考えてみてください。

もう気付いた方もいらっしゃるでしょう。

DHMOの正体は「水」です。

ここでのポイントはネイサン君は何ひとつ噓をついていない事です。

デメリットだけを集めると水さえも危険な物質になってしまうんですよね。

婚活でも同じです。

どんな素敵なお相手でも、デメリットだけを集めると「この人ではない」と思いこんでしまうことがあります。

デメリットを集めることは簡単です。

相手の良い所にこそ、その人ならではの最大魅力がつまっていると思いますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

噛まれた、、、 噛まれました、、、 、、、犬に 自転車で買い物へ出かけただけなんです。 何も悪い事していないんです。 それなのに散歩していた犬に「ガブっ」といかれました。 まさか自転車をこいでいる自分に向かってくるとは思いませんでした。 犬から見ると私は「悪役」に見えてしまったのでしょうか。 とりあえず足が痛い本日の私です。 さて、気を取り直して「リスクのトレードオフ」です。 「リスクのトレードオ

こんにちは。 今日も大変暑かったですね。 このような暑い日のお見合いは男性の方はクールビズで大丈夫ですよ! 暑さを乗り切りながら婚活頑張っていきましょう! さて、私達がつい忘れてしまうのが、私達には「次」があるということです。 どうしても今起きていることにこだわってしまい「次」という事に対して疎いような気がします。 一度失敗したら、次はもうないと思い込んでいませんか? 失敗なんていくらしたって、そ

こんにちは。 昨日ですが、息子の大会の応援に行ってまいりました。 炎天下の中応援したのですが、日焼け止めクリームを塗るのを忘れてしまい、帰りには息子ともども顔が真っ赤になってしまいました。 息子は予想以上の成績をおさめたので、気分よく「今日は外食だ!」とお店に行ったのは良いのですが、入り口前にある卓上温度計にて「表面温度異常」との表記。。。 日焼けによるほてり具合が半端なく息子ともども撃沈です。