なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。

嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。

「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」

「もっとテキパキして欲しいのに、、」

「店員に対する態度がちょっと、、」

一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。

そんなあなたはお相手を減点方式で見ているかも知れません。

心理学で「ネガティビティバイアス」と言う言葉があります。

人の脳はネガティブな情報を敏感に察知し、記憶に長く残す働きがあります。

ポジティブな事よりも、ネガティブな事の方が、強烈に記憶に残りやすいのです。

この「ネガティビティバイアス」は時によって恐ろしく人間関係を悪化させてしまいます。

例えば以前に騙されたり、裏切られ心に傷をつけられた経験がある人は、その後、人を信用しなくなり、心をむやみに開こうとしなくなる。

とても大好きな彼から別れを告げられたり、裏切られたりしてしまうと、次に新しく出会った彼に対しても全ての心を開こうとせず、相手を信用するまでおそろしく時間がかかってしまう。

その結果、良好な人間関係を築けず、悪化しやすくなってしまうのです。

よく「アメとムチ」や「褒める、叱る」とありますが、これもネガティブな方「ムチ」とか「叱られる」こちらの方が長く心に残ってしまうんですよね。

ですから先述のように「ネガティビティバイアス」によって相手の嫌な所ばかりが気になってしまい減点方式で相手を見てしまうのです。

ではこの「ネガティビティバイアス」から抜け出すにはどうすれば良いでしょうか。

それはまず自分が気付く事、自覚する事です。

「あっ悪い所ばかりに気にしてるな」

「心の底から話してないな」などなど自分が気付く事から始まります。

相手と自分はどんな時も対等な関係です。

減点方式は一種の上からの目線になっている可能性もあります。

今一度上からの目線になっていないか確かめてください。

そして自分の中で許せる範囲とこれ以上は許せない範囲のマイルールを明確に決めておくこともお勧めです。

自分が今「ネガティビティバイアス」だなと思ったら、意識的に相手の良い所を探しましょう(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪




最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情

成婚を目指すなら全てマニュアル通りでは通用しません

先日、大阪府は緊急事態宣言により、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に対して無観客での開催を要請致しました。 誰がどう考えてみても「無観客開催」の意図が分かりません。 このようなテーマパークで「無観客で開催してください」と言う要請に何の意味があるのでしょうか。 この件に関しては全くもって理解不能でございます。 おそらくですが全てはマニュアル通りで要請したものと思われます。 どのような形で運営さ