なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。

嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。

「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」

「もっとテキパキして欲しいのに、、」

「店員に対する態度がちょっと、、」

一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。

そんなあなたはお相手を減点方式で見ているかも知れません。

心理学で「ネガティビティバイアス」と言う言葉があります。

人の脳はネガティブな情報を敏感に察知し、記憶に長く残す働きがあります。

ポジティブな事よりも、ネガティブな事の方が、強烈に記憶に残りやすいのです。

この「ネガティビティバイアス」は時によって恐ろしく人間関係を悪化させてしまいます。

例えば以前に騙されたり、裏切られ心に傷をつけられた経験がある人は、その後、人を信用しなくなり、心をむやみに開こうとしなくなる。

とても大好きな彼から別れを告げられたり、裏切られたりしてしまうと、次に新しく出会った彼に対しても全ての心を開こうとせず、相手を信用するまでおそろしく時間がかかってしまう。

その結果、良好な人間関係を築けず、悪化しやすくなってしまうのです。

よく「アメとムチ」や「褒める、叱る」とありますが、これもネガティブな方「ムチ」とか「叱られる」こちらの方が長く心に残ってしまうんですよね。

ですから先述のように「ネガティビティバイアス」によって相手の嫌な所ばかりが気になってしまい減点方式で相手を見てしまうのです。

ではこの「ネガティビティバイアス」から抜け出すにはどうすれば良いでしょうか。

それはまず自分が気付く事、自覚する事です。

「あっ悪い所ばかりに気にしてるな」

「心の底から話してないな」などなど自分が気付く事から始まります。

相手と自分はどんな時も対等な関係です。

減点方式は一種の上からの目線になっている可能性もあります。

今一度上からの目線になっていないか確かめてください。

そして自分の中で許せる範囲とこれ以上は許せない範囲のマイルールを明確に決めておくこともお勧めです。

自分が今「ネガティビティバイアス」だなと思ったら、意識的に相手の良い所を探しましょう(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪




最新記事

すべて表示

こんにちは。 「生きたまま腸まで届く乳酸菌」 このワードを考えた人すごいと思いませんか。 このワードを聞いただけで健康になりそうな気がしますよね。 そして最近もっとも品薄状態が続いているヤクルト1000。 コンビニにもスーパーにも全くというほど売っていません。 先日ですが、車の運転中にたまたまヤクルトレディを発見。 以前からヤクルトレディからも購入が出来ると聞いていたこともあり 「今だ!今しかない

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?