コミュニケーションでは言葉よりも重要な事があります

人間関係にはこのような現象が起きます。

多くの人は「自分自身を好きな人を好きになる傾向があります」

異性間でも同性間でもです。

そうですよね、相手が自分に対して好意的なニコニコな態度をとられれば、こちらもニコニコになり悪い気はしませんよね。

逆に相手が自分に対して敵意的な態度を取られれば、こちらも敵意的な気持ちになってしまいます。

人に対して好意的な態度を取り続けていれば、必然的にあなたの周りには好意を持つ人が集まり、人間関係が楽しくなりやすいですよ。

さて、話は少し変わってこんな研究結果が出ています。

電話やラインなどではなく、じかに向き合ってのコミュニケーションで、相手に伝える割合と言うのは、なんと言葉がわずか7%のみで、声のトーンが38%、体の姿勢や身のこなしが何と55%を占める事が分かりました。

計算すると、相手に伝えようと思う事の93%は意識下から発せられているんです。

という事は、人は話す時の口から出る言葉よりも、はるかに多くの事を相手に伝えていることになります。

声のトーンも高い声で「楽し~」と言うのと、低い声で「楽し~」と言うのでは、高い声の方がより楽しんでいる感じがしますよね。

体の姿勢や身のこなしもそうです。

例えばですが、「相手の趣味は共感せよ」と言うような婚活本を読んで「すごい素敵な趣味ですね」と言っているのにも関わらず、あなたの言葉以外の表情や姿勢が「何その趣味、キモッ!」と伝えているのが相手に感じ取られてしまうのです。

あなたが言葉で「今度またぜひお会いしてください!」と言っているのにも関わらず、あなたの引きつった顔や大柄な姿勢が「いや、これ社交辞令だから」と伝えています。

あなたはお見合いの時に完璧にトークを広げていると思っているかも知れません。

やり取りの中で適度に感情も込めているし、相手に話題も振っている。

でも上手くいかない。

そんな時は、もしかすると言葉以外に問題がある傾向があります。

7%の言葉に注意が行き過ぎていて、残りの93%に意識が向いていないのかも知れません。

相手の心に残る感情と言うのは残りの93%の方なんです。

お見合いで好印象を得たいのであれば、話す内容ではなく、あなたの声のトーンや姿勢、身のこなしを自然に慣れるまで日々意識してみましょう。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに出逢えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

こんにちは。 「生きたまま腸まで届く乳酸菌」 このワードを考えた人すごいと思いませんか。 このワードを聞いただけで健康になりそうな気がしますよね。 そして最近もっとも品薄状態が続いているヤクルト1000。 コンビニにもスーパーにも全くというほど売っていません。 先日ですが、車の運転中にたまたまヤクルトレディを発見。 以前からヤクルトレディからも購入が出来ると聞いていたこともあり 「今だ!今しかない

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?