コミュニケーションでは言葉よりも重要な事があります

人間関係にはこのような現象が起きます。

多くの人は「自分自身を好きな人を好きになる傾向があります」

異性間でも同性間でもです。

そうですよね、相手が自分に対して好意的なニコニコな態度をとられれば、こちらもニコニコになり悪い気はしませんよね。

逆に相手が自分に対して敵意的な態度を取られれば、こちらも敵意的な気持ちになってしまいます。

人に対して好意的な態度を取り続けていれば、必然的にあなたの周りには好意を持つ人が集まり、人間関係が楽しくなりやすいですよ。

さて、話は少し変わってこんな研究結果が出ています。

電話やラインなどではなく、じかに向き合ってのコミュニケーションで、相手に伝える割合と言うのは、なんと言葉がわずか7%のみで、声のトーンが38%、体の姿勢や身のこなしが何と55%を占める事が分かりました。

計算すると、相手に伝えようと思う事の93%は意識下から発せられているんです。

という事は、人は話す時の口から出る言葉よりも、はるかに多くの事を相手に伝えていることになります。

声のトーンも高い声で「楽し~」と言うのと、低い声で「楽し~」と言うのでは、高い声の方がより楽しんでいる感じがしますよね。

体の姿勢や身のこなしもそうです。

例えばですが、「相手の趣味は共感せよ」と言うような婚活本を読んで「すごい素敵な趣味ですね」と言っているのにも関わらず、あなたの言葉以外の表情や姿勢が「何その趣味、キモッ!」と伝えているのが相手に感じ取られてしまうのです。

あなたが言葉で「今度またぜひお会いしてください!」と言っているのにも関わらず、あなたの引きつった顔や大柄な姿勢が「いや、これ社交辞令だから」と伝えています。

あなたはお見合いの時に完璧にトークを広げていると思っているかも知れません。

やり取りの中で適度に感情も込めているし、相手に話題も振っている。

でも上手くいかない。

そんな時は、もしかすると言葉以外に問題がある傾向があります。

7%の言葉に注意が行き過ぎていて、残りの93%に意識が向いていないのかも知れません。

相手の心に残る感情と言うのは残りの93%の方なんです。

お見合いで好印象を得たいのであれば、話す内容ではなく、あなたの声のトーンや姿勢、身のこなしを自然に慣れるまで日々意識してみましょう。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに出逢えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

こんにちは。 今週も3連休ですね。 お見合いは10件です。 皆さん頑張ってください! そして仮交際中の方へ! 良い仮交際は会うたびにどんどん楽しくなり幸せを感じてきます。 悪い仮交際は会うたびにどんどん苦しく感じてしまいます。 苦しく感じてきたら要注意、もしかすると「その道ではないよ」という心のサインかも知れません。 心のサインを見逃さないでくださいね。 さて、悩みというものは「なぜ」「どうして」

こんにちは。 今回は女性編です。 さて、婚活最強は感情(愛情)表現にあると言っても過言ではありません。 ここでいう愛情表現とは「愛してる」とか「好きです」ではないです。 例えばお見合い中なら 「そんな大変なお仕事しているんですね。仕事頑張っている人ってすごく素敵です」 「○○さんとお話ができてすごく楽しかったです!」 このような感情(愛情)表現です。 デートの場合だったら 「○○さんと一緒ならどこ

こんにちは。 先日ですが、JR宇都宮駅構内にある立ち食いそばに寄ったんです。 この立ち食いそばの「鴨汁つけそば」が絶品なんです! ぜひ、食べてみてください(^^♪ 今回もその「鴨汁つけそば」を食べていると、大きな声で「ごちそうさまでした!」と言う声が聞こえました。 振り向いてみると、小学5年生くらいの男の子です。 お店の方も「ありがとう!また来てね」とそこには笑顔がこぼれていました。 その状況を見