コミュニケーションでは言葉よりも重要な事があります

人間関係にはこのような現象が起きます。

多くの人は「自分自身を好きな人を好きになる傾向があります」

異性間でも同性間でもです。

そうですよね、相手が自分に対して好意的なニコニコな態度をとられれば、こちらもニコニコになり悪い気はしませんよね。

逆に相手が自分に対して敵意的な態度を取られれば、こちらも敵意的な気持ちになってしまいます。

人に対して好意的な態度を取り続けていれば、必然的にあなたの周りには好意を持つ人が集まり、人間関係が楽しくなりやすいですよ。

さて、話は少し変わってこんな研究結果が出ています。

電話やラインなどではなく、じかに向き合ってのコミュニケーションで、相手に伝える割合と言うのは、なんと言葉がわずか7%のみで、声のトーンが38%、体の姿勢や身のこなしが何と55%を占める事が分かりました。

計算すると、相手に伝えようと思う事の93%は意識下から発せられているんです。

という事は、人は話す時の口から出る言葉よりも、はるかに多くの事を相手に伝えていることになります。

声のトーンも高い声で「楽し~」と言うのと、低い声で「楽し~」と言うのでは、高い声の方がより楽しんでいる感じがしますよね。

体の姿勢や身のこなしもそうです。

例えばですが、「相手の趣味は共感せよ」と言うような婚活本を読んで「すごい素敵な趣味ですね」と言っているのにも関わらず、あなたの言葉以外の表情や姿勢が「何その趣味、キモッ!」と伝えているのが相手に感じ取られてしまうのです。

あなたが言葉で「今度またぜひお会いしてください!」と言っているのにも関わらず、あなたの引きつった顔や大柄な姿勢が「いや、これ社交辞令だから」と伝えています。

あなたはお見合いの時に完璧にトークを広げていると思っているかも知れません。

やり取りの中で適度に感情も込めているし、相手に話題も振っている。

でも上手くいかない。

そんな時は、もしかすると言葉以外に問題がある傾向があります。

7%の言葉に注意が行き過ぎていて、残りの93%に意識が向いていないのかも知れません。

相手の心に残る感情と言うのは残りの93%の方なんです。

お見合いで好印象を得たいのであれば、話す内容ではなく、あなたの声のトーンや姿勢、身のこなしを自然に慣れるまで日々意識してみましょう。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに出逢えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情