• す~さん

コンプレックス、何ですかそれ?

コンプレックスは、捉え方を間違うと、自分の魅力的な可能性を見逃す危険性があります。

「どうせ、自分なんか・・・」と卑屈になり、

「こう思われるんじゃないか」「こう思われてるんだろうな」と積極的になれない。

自分が口ベタだと思っていると、お見合いの時も

「どうせ自分の話なんかつまらないだろうな」と思い込み、その意識に引きずられどんどん話が出来なくなってしまう。

自分の目がコンプレックスな人は

「やだ私の目をみないで」と思って、相手の目を見ずふせぎがちになって話をしてしまう。

しかし、自分が思っている以上に相手の方は思っていません。

あなたが強く思ってしまうから余計に訳が分からなくなる。

コンプレックスに関する悩みの多くは、実はどこにも存在していない

「他人にこう思われるのではないか」

という勝手な妄想にとりつかれているだけという事です。

つまり、誰も見ていないのに、一人で踊って一人で疲れているようなものです。

コンプレックスは内に隠すと卑屈になりますが、外に出していけば素晴らしい個性になります。

話ベタではなく聞き上手というように。

あなたが弱点であると思っていることを強みに変えていきましょう!

「コンプレックス?何それ?」です!

本日もお付き合いありがとうございます。

皆様にとって素敵なパートナーに巡りあえますように。

す~さんの結婚相談室 鈴木