• す~さん

ハイスペック男性の悩みとは

30代女性の会員様がこの度ご成婚退会となりました。

ご入会されて約9ヶ月でのご成婚退会です(^^♪

会員様が意識されたことは3点との事です。

①たくさん会う

②申し込まれたご縁も生理的に合わない限り大切にする

③あまり後ろを振り向かない

この3点を心掛けて活動されたそうです。

本当に理想的な活動ですね。

たくさんお会いされましたが、最終的には最初からスッと入っていける同じ価値観をお持ちの素敵な男性と巡り会う事が出来ました。

詳しくは後日ご本人様よりお話を頂きましたのでブログにてアップさせて頂きます。

素敵な方と出会い、本当におめでとうございます!

末永くお幸せになってください(^^♪

さて、「ハイスペックの悩みとは」

一見モテモテで何も悩みのないようなハイスペック男性も、婚活において実は悩みを持っている事をご存知ですか。

ほとんどのハイスペック男性はこの事で悩みをお持ちです。

それは、多くの女性から年収や肩書だけで自分を評価されてしまい、本当の自分を素直に出せるパートナーに巡り会えないという事です。

仕事も出来るし、コミュニケーション能力も高く、スマートな男性はそれだけで好きになってしまう女性は沢山います。

でも、実はハイスペック男性も完ぺきではありません。

普通の人間なんです。

悩みもあるし、不安になる事もあるし、仕事でもプレッシャーを感じたり、時には落ち込んだり、ミスだってします。

もちろん、沢山のプレッシャーの中での挑戦や経験、努力を重ねてきています。

そうした、目に見えない裏側や人としての人間性には一切興味を持たずに「今持っているものにしか興味を持ってもらえないのは悲しいです」とお話されています。

ハイスペック男性がもっとも女性に不安に思う事は「今、この自分の収入がなくなってしまった時、果たしてそれでも愛してくれるのか」「今のこの肩書がなくなってしまっても、一緒にいてくれるのか」だそうです。

お金は生きるのに必要ではありますが、肩書も、社会的地位も単なるラベルの一つです。

人は多面体でもあり、色々な面を持っています。そのラベルの中の一つにすぎません。

周りからの世間の評価を得るかもしれませんが、その人自身ではありません。

ハイスペック男性が望んでいる事は、世間の評価に左右されず本当の自分と向き合ってくれる女性に心を惹かれるんです。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^