メールやラインで不満を伝えると面倒な人と思われます

便利な時代になりました。

スマホ一つで簡単に誰かとつながることが出来ます。

大学時代の友人も卒業後は全国各地に散らばり、かれこれ25年ほど経ちます。

それでも、ライングループにより今でも繋がることが出来るおかげで、お互いに元気と活力を与えあっています。

そんな便利なラインやメールだからこそ、「恋愛」では誤解されやすいミスマッチなコミュニケーションが起きてしまいます。

メールだけ、ラインだけのコミュニケーションは女性が思っているより危険な一面を持っています。

それは、文字だけでは、自分の気持ちも、相手の気持ちも分からないからです。

文面一つでも相手の捉え方は様々です。

きちんと話せば、相手の表情や間の取り方、声のトーンなどから本当は相手がどう思っているのかが予測しやすいですが、メール、ラインだけだと相手の情報も分かりづらいですし、自分の情報も与えづらいのです。

相手の好意的な部分をメールやラインで送ることは問題ありません。

プラスの感情を伝える時は文字でも大丈夫なのですが、マイナスな事、相手への不満や文句などがある時はメールやラインで送らない方が良いと思います。

「なんで、あんなことしたの」

「もう、いやだ、会いたくない!」

このような怒りの感情に任せたメールやラインでは、相手は声のトーンや表情が読み取れない為に、余計に不気味さを感じ、面倒な人という扱いになってしまいます。

結果、どうなるか。

「ブロック」されます。

メールやラインだけでは伝わりづらいですし、誤解を招く恐れがありますから、マイナスな事は出来るだけ口頭で伝えてみてください。

これは「恋愛」に限らず、仕事や友人とのやり取りでも同じです。

ちょっとした不満も、直接会った時や、電話で伝える方が変な方向に進まず、きちんと解決に繋がりますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪




最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「