メールやラインで不満を伝えると面倒な人と思われます

便利な時代になりました。

スマホ一つで簡単に誰かとつながることが出来ます。

大学時代の友人も卒業後は全国各地に散らばり、かれこれ25年ほど経ちます。

それでも、ライングループにより今でも繋がることが出来るおかげで、お互いに元気と活力を与えあっています。

そんな便利なラインやメールだからこそ、「恋愛」では誤解されやすいミスマッチなコミュニケーションが起きてしまいます。

メールだけ、ラインだけのコミュニケーションは女性が思っているより危険な一面を持っています。

それは、文字だけでは、自分の気持ちも、相手の気持ちも分からないからです。

文面一つでも相手の捉え方は様々です。

きちんと話せば、相手の表情や間の取り方、声のトーンなどから本当は相手がどう思っているのかが予測しやすいですが、メール、ラインだけだと相手の情報も分かりづらいですし、自分の情報も与えづらいのです。

相手の好意的な部分をメールやラインで送ることは問題ありません。

プラスの感情を伝える時は文字でも大丈夫なのですが、マイナスな事、相手への不満や文句などがある時はメールやラインで送らない方が良いと思います。

「なんで、あんなことしたの」

「もう、いやだ、会いたくない!」

このような怒りの感情に任せたメールやラインでは、相手は声のトーンや表情が読み取れない為に、余計に不気味さを感じ、面倒な人という扱いになってしまいます。

結果、どうなるか。

「ブロック」されます。

メールやラインだけでは伝わりづらいですし、誤解を招く恐れがありますから、マイナスな事は出来るだけ口頭で伝えてみてください。

これは「恋愛」に限らず、仕事や友人とのやり取りでも同じです。

ちょっとした不満も、直接会った時や、電話で伝える方が変な方向に進まず、きちんと解決に繋がりますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪




最新記事

すべて表示

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?

こんにちは。 今週は11件のお見合いです。 みなさま素敵なご縁になると良いですね。 応援しております! さて、営業で一番自分が好きな商品、気に入っている商品が一番売ることが出来ます。 当然ですよね。 その商品の説明をした時に相手は自然に説得力を感じられますから。 恋愛やお見合いの場合でも一緒だと思います。 売り込むのが「商品」ではなく、代わりに「自分自身」になっただけ。 だから早い話が「自分自身」