リアクションの達人になろう

男性を惚れさせる上で重要な要素は「リアクション」にあります。

今日は男性からプレゼントをもらった時のリアクションについてのお話をさせて頂きます。

このリアクション次第では最終的に男性から「結婚」という最高のプレゼントを頂く事になるでしょう。

出川さんがザリガニのハサミに顔を挟まれ「イタタタタッ、イターーーー!」とのたうち回るその瞬間に人生をかけるように、あなたはプレゼントを受け取る瞬間に人生をかけて欲しいと思います。

そしてあなたはプレゼントを受け取る瞬間に人生をかけ、男性を感動させるリアクションの原則というものを知って欲しいのです。

それは「安物に感激して、高価なものにオロオロする」

リアクションの基本は「受け取ったプレゼントが安ければ安いほど感激する」事です。

「きゃーこれかわいい」「きゃーこれ欲しかった!」であります。

あなたはその男性が付き合ったどの女性よりも優れたリアクションをしてみてください。

そう「サービスとしてのリアクション」を提供してみてください。

リアクションとはサービスでもあります。

出川さんいわく「ギャラじゃないのよ、お客さんの笑顔が大事なのよ」

そうです「お金じゃないのよ、あなた(男性)の笑顔が大事なのよ」です。

サービスとは相手に何かを提供するだけではありません。

「プレゼントのもらい方で相手を喜ばせる」これもサービスなのです。

プレゼントを受け取る側にも相手を喜ばせるサービスが存在する。

その事を意識すると、高価なものをもらった時のリアクションにも変化が現れます。

「高価なものにオロオロする」です。

男性は今まで以上に高価なものを買ってきました。

当然男性はあなたの喜ぶ顔を想像します。

忘れてはいけません、男性はあなたを喜ばせたいのです。

その為に男性の「女性を喜ばせたい」というニーズに応える事、それもサービスなのです。

だからこそプレゼントを手にしたあなたはオロオロし、泣きそうな顔になりながら「ありがとう」

「一生大事にするね」であります。

これが出来るとリアクション出川流3級になります。TOEICに換算すると400点ぐらいです。

ただここでリアクションにおいて大切なものがあります。

それは「ウソは絶対にダメ」という事です。

こういう演技をすれば騙せるんじゃないか、という考え方では必ずメッキがはがれます。

本当に男性を魅了することが出来るのは、うそ偽りのない本音の本当の感動であります。

ですので、本音の感動をするには「感動する心」を養わなければなりません。

では、どうすれば「感動する力」を養えるのでしょうか。

それは目に見えないプロセスに目を向けてみてください。

例えば、何でもないプレゼントに見えるかもしれませんが、実は仕事の忙しい合間を縫ってプレゼントを買う時間を作ったのかもしれません。

色々な人から「あれがいい。これがいい。と言うのを参考にしながら、彼女は貰って喜んでくれるかなと言う不安と闘いながら購入したかも知れません。

そんな男性の「目に見えない行動や気持ち、心の動き」を想像してください。

このように、目に見えないプロセスに目を向ける事で、意識する事で「あなた自身」は輝きを持ち始め、最終的に男性から最も大きい「プロポーズ(結婚)」というプレゼントを受け取るでしょう(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木


最新記事

すべて表示

こんにちは。 今週も3連休ですね。 お見合いは10件です。 皆さん頑張ってください! そして仮交際中の方へ! 良い仮交際は会うたびにどんどん楽しくなり幸せを感じてきます。 悪い仮交際は会うたびにどんどん苦しく感じてしまいます。 苦しく感じてきたら要注意、もしかすると「その道ではないよ」という心のサインかも知れません。 心のサインを見逃さないでくださいね。 さて、悩みというものは「なぜ」「どうして」

こんにちは。 今回は女性編です。 さて、婚活最強は感情(愛情)表現にあると言っても過言ではありません。 ここでいう愛情表現とは「愛してる」とか「好きです」ではないです。 例えばお見合い中なら 「そんな大変なお仕事しているんですね。仕事頑張っている人ってすごく素敵です」 「○○さんとお話ができてすごく楽しかったです!」 このような感情(愛情)表現です。 デートの場合だったら 「○○さんと一緒ならどこ

こんにちは。 先日ですが、JR宇都宮駅構内にある立ち食いそばに寄ったんです。 この立ち食いそばの「鴨汁つけそば」が絶品なんです! ぜひ、食べてみてください(^^♪ 今回もその「鴨汁つけそば」を食べていると、大きな声で「ごちそうさまでした!」と言う声が聞こえました。 振り向いてみると、小学5年生くらいの男の子です。 お店の方も「ありがとう!また来てね」とそこには笑顔がこぼれていました。 その状況を見