一人での婚活が厳しいのはなぜ?

箱根駅伝では5連覇を狙っていた青山学院に走り勝った東海大学が優勝しました。

おめでとうございます!

全力で走っている姿には感動ばかりですね。

どんなに辛くても、周りの仲間や沿道の声援があるからこそ自分の力以上に頑張れる。

婚活でも一緒で、一人で内緒にこそっと始めた婚活はまず挫折してしまいます。

周りに知っている人がいないから、誰も見ていないからこそ、ひとりで落ち込みちょっとした事で走るのを諦めてしまう。大手結婚相談所で一人で始めるありがちなパターンです。

カウンセラーもついていないプランなどです。

自分は一人で十分活動出来ると思っているのは最初だけなんです。

そんなに甘くないのです。婚活は、、、

もしカウンセラー付きのプランじゃない方は誰かに婚活する事を、している事を伝えましょう!

これ大切です。

誰かにでも言えばもう後戻りできません。

簡単にはやめられなくなります。

結婚式でもみんなの前で披露宴を挙げた人と、結婚を書類のみで済ました方とは離婚率も断然違います。

婚活は一人で行うものではありません。愚痴や悩みを聞いてくれる友人でも良いですし、信頼できるカウンセラーさん達もいらっしゃいます。

皆でがんばりましょう!

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木


最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「