人生の10秒ルール

昔、こんなルールがありました。

それは3秒ルールというものです。

落とした食べ物を3秒以内だったら食べてもセーフという謎のルールが存在していました。

今考えると恐ろしいですね(^^♪

さて、孫正義氏のこんな言葉があります。

それは「どんなことでも10秒考えれば分かる。10秒考えても分からない問題は、それ以上考えても無駄」という考え方です。

これは「ファーストチェス理論」といい、実験でも証明されている理論です。

ファーストチェスとは、チェスを競技する際に5秒以内に打つというルール。

ファーストチェス理論では「5秒で考えた手」と「30分かけて考えた手」は実際の所86%が同じ手であることが証明されています。

これはどんな問題でも同じだと思います。

例えば「婚活しようか、しないか」についてひたすら時間をかけて考え続けたところで無駄。

「この人とお見合いしようかな、しないかな」

※これは本当に10秒ぐらい考えてすぐお返事をする。お相手もしっかりと返事をされた方がスルーされるよりも気分が楽なんです。

また「この企画はやって成功するのかな、しないのかな」

このようにひたすら考え続けたところで無駄という考え方が孫正義氏です。

「じゃあ、お見合いをするとしたら時間は作れるのか」

「婚活するとしたら、気に入るお相手はいるのか」「婚活資金はあるのか」

などと問題をブレイクダウンしていくか、判断に必要な情報量を得るために動かなくては問題は前に進まないのです。

また、ソフトバンクでは「検討中」という言葉を使ってはいけないそうです。

「検討中」という事で、考えても分からないのなら、必要な情報を集めるための調査を始めるべきである。という考え方。

「婚活をするべきか、しないべきか」と思い悩んで考えが進まないのであれば、まずは必要な情報(ネットや資料請求、相談に行って話を聞いてみる等)を集めても良いのではないかと思います。

人生でも考え込んでしまう、悩んでしまうという方はぜひ、この「10秒ルール」をお試ししてみてはいかがでしょうか。

それだけであなたの意思決定のスピードは驚くほど上がりますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情