優しくてモテる人、優しいのにモテない人の差とは

女性はみなさん「優しい人が好き」と言います。

しかし、この「優しい人が好き」を勘違いしてしまうと、ただの「頼りない人」になってしまうのです。

まず最初にお伝えする事は、素敵な女性とお食事に行くことが決まったらあなた(男性)がお店を決めてください。

よく「何がいい」「どんな所がいいですか」とお相手に判断を全て委ねてしまう方がいらっしゃいます。

そのお気持ちは痛いほど分かります。

「お相手の好きな所に行かせたい!」と相手を思って聞いていますから。

もちろん、お食事に対するこだわりを女性が持っていて、彼女が決めたいというのであれば、お相手の希望するお店に行くに越したことはないと思います。

ただ、NGなお店や苦手な物だけ聞いておいて、あなたがお店を決める事をお勧めします。

相手にばかり意見を求めすぎてしまうと、優しさを通り越して頼りない人になってしまうからです。

「優しいのにモテない人」にはある共通点があります。

それは共感能力が高い人です。

共感能力が高すぎるがゆえに相手の気持ちをくみ取りすぎて、大事な場面で一歩踏み出せないのです。

何をするにしても「相手は今どう思っているんだろう」と考えすぎてしまい、自分の意見を言わない。

そして「どうしますか」と判断を相手にゆだねてしまいます。

そこが「優しいのにモテない人」となってしまうのです。

自分の意見を言えない人は友達としては最高ですが、実はその友達関係が限界で恋愛には発展しないのです。

自分が良いお店を見つけて彼女を喜ばせてあげよう!

その位のお気持ちで望んでみてはいかがでしょうか。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情