問題は「失敗」そのものではなく、その後の思い込みが問題です

今年もあとわずかですね。

来年こそ結婚したい!良い人見つけたい!と考えている方。

今からです!動きましょう。

思い立ったら明日ではありません。

今です!ご相談お待ちしております。

さて「失敗」のお話です。

失敗という体験そのものが問題ではありません。

問題は失敗したことにより自分を過小評価してしまう事です。

「自分にはできない」

「もう駄目だ」

そのような失敗した後の心理的なものが重要になります。

例えばですが、ある人が仕事で失敗してしまいました。

そして「俺はダメだ、人生の終わりだ~」と言いました。

しかし別の人はこう言いました。

「取り返せばいいじゃないか」と前を向きました。

また別の人は「クソッこの経験を無駄にしないぞ。」と次に向けて新たなパワーを持ちました。

このように「失敗」という経験そのものが未来を決めるのではありません。

失敗した後のその人の考え方や捉え方が未来の行動を決めています。

お見合いや交際でも上手く行かなかった時に「俺はダメな奴だ」「俺は背が低いから、、、」「私ってやっぱりダメ、、、」というパターンで行くか。

「次はもっといい人がいるに違いない!」というパターンで行くか。

「この前あの場面で失敗したから次の相手の時はこうしてみよう」というパターンで行くか。

それぞれによって今後の婚活状況がずいぶんと変わってくるのは分かりますよね。

アドラーはこのように言っています。

「いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない」

要はその「失敗」に対して自分で良い意味付けをしてあげる事が大切です。

その良い前向きな意味づけを自分でつける事によって未来の行動ががらりと変わります。

行動が変われば結果も変わってきます。

もう自分で「もうできない」など自分を過小評価する事はやめましょうね(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情