好きになるタイミングは男性は一気に女性はじわじわ

こんにちは。

今週の3連休は12件のお見合いになります。

内4件はオンラインお見合いとなる予定です。

オンラインの良いところは移動しなくて良かったり、気になる県外の方とお話が出来たり、1日の時間も有効に使えます。

最終的にはお会いしないことにはお互いのフィーリングは掴めないこともありますが、初回に関してはオンラインでも問題ないような気がします。

皆さん良いご縁となりますよう心より願っております。

さて、結婚相談所を運営して思うことは「好き」と思えるタイミングが男女間で違うということです。

男性はお会いした瞬間からその日のうちに一気に好きという思いが強くなります。

かえって女性は、じっくりじわじわ時間をかけて好きという気持ちが強くなっていく方が多いです。

そしてこの男女間の「好き」のタイミングが異なることで時には自滅してしまうことがあります。

好きな人にだけ好きになってもらえばいいかなと思っている女性は、まずは相手の男性を見定めようとします。しっかりと見定めてから好かれるための努力をしようとします。

「この人はどんな人かな」「結婚相手として問題ないのかな」「信用できる人かな」などなお、まずは相手を観察して、自分の中で「よしっOK」となるまでは関係を進めないようにします。

しかし当然ながら男性は一気に気持ちがあがります。

男性のお気持ちが高まっているにもかかわらず、女性は進展しないように見定めていますので、結果、女性の気持ちが上がった頃には男性は「俺に気がないな。もう次に行こう」と冷めてしまうのです。

タイミングを逃して男性がアプローチをあきらめてから女性が追いかけても、いまいち関係は進展しません。

女性はゆっくりと相手を見定めたいお気持ちもあるかと思いますが、「悪くないな」と思うのであれば、相手のお気持ちの高さに乗っかることも必要です。

乗ってからお互いの関係を深めていく、確認していくのもありかと思いますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?

こんにちは。 今週は11件のお見合いです。 みなさま素敵なご縁になると良いですね。 応援しております! さて、営業で一番自分が好きな商品、気に入っている商品が一番売ることが出来ます。 当然ですよね。 その商品の説明をした時に相手は自然に説得力を感じられますから。 恋愛やお見合いの場合でも一緒だと思います。 売り込むのが「商品」ではなく、代わりに「自分自身」になっただけ。 だから早い話が「自分自身」