top of page

婚活がつらく感じてしまう人と楽しめる人の違い

こんにちは。

さて、婚活がつらく感じてしまう人と婚活を楽しめる人の違いは一体何でしょう。

もちろん、活動を始めれば必ずと言っていいほど波があります。

当然、良い時もあれば悪い時もあります。

そして今回はその悪い時をなるべく底辺まで気分を落ち込ませず、乗りきる方法です。

この婚活を辛く感じてしまう人と楽しめる人の違いをお伝えさせていただきますので、辛くなった時に楽しめる人はどんな意識をしているのか。

知っておくだけでも変わってくると思いますので、ご参考いただけますと幸いです。

①(辛く感じる人)世間の目を気にしてしまう。周りと比べてしまう。

(楽しめる人)世間の目を気にしすぎない。自分は自分である。

②(辛く感じる人)過去に生きている。

(楽しめる人)今を生きてる。

③(辛く感じる人)プライドが高い。

(楽しめる人)意識してプライドをなくす時もある。

④(辛く感じる人)まだ見ぬ先の不安を強く意識する。

(楽しめる人)不安をうまくコントロールする。

⑤(辛く感じる人)「どうせ」「だって」と思いがち。

(楽しめる人)「だから」うまくいくかもと思いがち。

⑥(辛く感じる人)行動に移せない。

(楽しめる人)行動が早い。

⑦(辛く感じる人)何でも受け身。

(楽しめる人)積極的。

⑧(辛く感じる人)考えが頑固。

(楽しめる人)考えが柔軟。

⑨(辛く感じる人)プロフィールで全てを判断してしまう。

(楽しめる人)会わなきゃ分からないと思っている。

⑩(辛く感じる人)こうして欲しい(take型)

(楽しめる人)こうしてあげたい(give型)

⑪(辛く感じる人)ご縁を大切にしない。

(楽しめる人)ご縁を大切にする。

婚活で辛く感じてしまう人と、楽しめる人にはこのような違いがあります。

世間の目を気にしなくて良いんです。

世間の一般的な好きな男性とあなただけが好きな男性はきっと違うはずです。

一緒にいて居心地が良かったり、楽しい気持ちになれたりする人はどんな男性なのか。

彼と一緒にいる時の自分が一番好き!

そんな素敵な男性を見つけられることを願っています。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

こんにちは。 先日ですが、40代女性会員様より「○○さんよりプロポーズをしていただき、おうけさせていただきました」との嬉しいご報告がありました! 常に、ご自身よりもお相手様の事を第一に考えられる笑顔の素敵な女性です。 次回、成婚退会の手続きの際には詳しくお話を伺わせていただきたいと思います。 本当におめでとうございます! 末永くお幸せになってくださいね(^^♪ さて、「世間の理想に惑わされすぎない

こんにちは。 さて「条件はいいんです。収入も問題ないと思いますし、誠実だし浮気もしなさそう。見た目だって悪くはない。でも何故かドキドキしないんです。このままお付き合いしてもっと会う回数を増やせばいつか好きになれるのでしょうか」 と言うご相談がありました。 さて、あなただったらどう思いますか。 このままお付き合いしていってずっと一緒にいれば好きになれるでしょうか。 最初は好きと言う感情が無くても、一

こんにちは。 さて、あなたの人生で今まで起きた幸せな出来事が、もし起きていなかったらどうなっていましたか。 一度想像してみませんか。 「今まで起きた幸せな出来事がもし起きてなかったらどうなっていたのだろう」と。 例えば、受験で合格して念願の大学に通えた。 素敵な彼女ができた。 仕事で昇進した。 待望の子供が産まれた。 などなど、自分が思う幸せな出来事を思い出してみてください。 そして、今度は「もし

bottom of page