婚活は短期決戦のつもりで挑んでみて

婚活は短期決戦のつもりで挑むのも一つの作戦です。

その理由としては3つあります。

①一つ目はモチベーションの問題です。

婚活を始めようと思うのにはそれなりの動機や理由があります。

でも動機や理由があるからと言って継続的に努力し続けられる人はほんのわずかです。

なんとなく気が乗らない、仕事が忙しい、気に入っている人からお断りされてしまった、などなど色々な要素によってモチベーションが下がってしまいます。

そして婚活を少しお休みするつもりが何か月もと言う期間になってしまうのです。

そこで、それを防ぐために一気に勢いをつけてやり切ってしまう事です。

「とにかく会う、動く、行動する」事を決めて突き進むのです。

②二つ目は比較検討が出来ます。

短期間に集中して出会うことで、男性を比較検討でき、ベストなパートナーを見つける事ができます。

誰でも、人と人との間には相性があります。

プロフィールだけでは相性までは分かりません。

お会いして話さない事には分からない事ばかりなんです。

統計学では、10人の男性にお会いしてその中から一番良いと思う男性を選びます。

そして新たに出会った男性から先ほどの10人中一番だった男性よりも良い人を選ぶと、理論上では100人いる中から一番良い男性を選ぶ状態に限りなく近づくそうです。

あくまで理論上ですので一概には言えないと思いますが、100人お会いするよりも時間や労力なども効率的になります。

③三つめは行動力を維持できる。

短期間で沢山の方と比較検討するには、それなりの出会いの母数が必要です。

その為にはある程度の行動力が必要になるのですが、短期決戦と思えば気が楽になるので一気に駆け抜けられるでしょう。

以上3点から短期決戦のつもりで婚活を進めることもかなり有効かと思います。

流れとしてはベストパートナーを見つけるまでは短期決戦のつもりで行動し、ベストなパートナーが見つかったら、そこから真剣交際に入りゆっくりと親交を深めて頂くのが良いかと思います(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情