婚活は短期決戦のつもりで挑んでみて

婚活は短期決戦のつもりで挑むのも一つの作戦です。

その理由としては3つあります。

①一つ目はモチベーションの問題です。

婚活を始めようと思うのにはそれなりの動機や理由があります。

でも動機や理由があるからと言って継続的に努力し続けられる人はほんのわずかです。

なんとなく気が乗らない、仕事が忙しい、気に入っている人からお断りされてしまった、などなど色々な要素によってモチベーションが下がってしまいます。

そして婚活を少しお休みするつもりが何か月もと言う期間になってしまうのです。

そこで、それを防ぐために一気に勢いをつけてやり切ってしまう事です。

「とにかく会う、動く、行動する」事を決めて突き進むのです。

②二つ目は比較検討が出来ます。

短期間に集中して出会うことで、男性を比較検討でき、ベストなパートナーを見つける事ができます。

誰でも、人と人との間には相性があります。

プロフィールだけでは相性までは分かりません。

お会いして話さない事には分からない事ばかりなんです。

統計学では、10人の男性にお会いしてその中から一番良いと思う男性を選びます。

そして新たに出会った男性から先ほどの10人中一番だった男性よりも良い人を選ぶと、理論上では100人いる中から一番良い男性を選ぶ状態に限りなく近づくそうです。

あくまで理論上ですので一概には言えないと思いますが、100人お会いするよりも時間や労力なども効率的になります。

③三つめは行動力を維持できる。

短期間で沢山の方と比較検討するには、それなりの出会いの母数が必要です。

その為にはある程度の行動力が必要になるのですが、短期決戦と思えば気が楽になるので一気に駆け抜けられるでしょう。

以上3点から短期決戦のつもりで婚活を進めることもかなり有効かと思います。

流れとしてはベストパートナーを見つけるまでは短期決戦のつもりで行動し、ベストなパートナーが見つかったら、そこから真剣交際に入りゆっくりと親交を深めて頂くのが良いかと思います(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

こんにちは。 「生きたまま腸まで届く乳酸菌」 このワードを考えた人すごいと思いませんか。 このワードを聞いただけで健康になりそうな気がしますよね。 そして最近もっとも品薄状態が続いているヤクルト1000。 コンビニにもスーパーにも全くというほど売っていません。 先日ですが、車の運転中にたまたまヤクルトレディを発見。 以前からヤクルトレディからも購入が出来ると聞いていたこともあり 「今だ!今しかない

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?