• す~さん

婚活イップスにならない為に

本日、会員様より「この度婚約しました!」とのうれしいご報告を頂きました。

今回は弊社のシステムの中でのご成婚ではありませんが、どちらでお相手様を見つけても、会員様が幸せにご成婚されたことは事実です。

一緒に頑張ってきた事で、私も大変うれしく思います(^^♪

本当におめでとうございます!

末永くお幸せになってくださいね(^^♪

さて、婚活イップスにならない為に。

婚活の経験の中で多い事が失敗してしまった時や、上手く行かなかった時に、切り替えなきゃと思ってはいても、何度も頭の中でグルグルと繰り返してしまう方がいらっしゃいます。

この上手く行かなかった時の事を振り返って、頭の中で何度も何度も問いかけてしまいます。

「なぜあんな失敗をしてしまったんだろう」

「なぜあんな事を言ってしまったんだろう」

「なぜ上手く言えなかったんだろう」

このように問いかけてしまったら、答えはすでに決まっています。

「うまくやろうと気負ってしまったのが失敗の原因だよな」

「緊張しすぎたのが悪いよな」

「はっきり言って言葉の引き出しが少ないよな」

こんな感じになるかと思います。

たしかに失敗やミスの原因を追究する事も大切ですが、この事ばかり追求していると脳は何度もこの失敗やミスの記憶を思い出すことになります。

マイナスの感情と一緒にこの悪いイメージを憶えこんでしまい記憶に定着してしまいます。

こうなってしまうと、同じ状況になった時に勝手に脳のフラッシュバックが起こり、体が思うように動けなくなってしまったり、普通にお話する事が難しくなってきてしまいます。

「イップス」という言葉をご存知でしょうか。

スポーツの世界でよく聞く言葉で、例えば今までコントロール良く投げれていたのにある時から上手に投げることが出来なくなる。

これも脳が原因と考えられているそうです。

そして「イップス」への恐怖感が強くなってますますひどくなり、最終的にはどうしてよいか分からなくなってしまいます。

このような時は問いかけを変えてみると良いです。

成功した事、よくできたことに対して脳に問いかけてみる。

婚活に例えると「どうして、あの時話せるようになったんだろう」

「どうして楽しくお見合いが出来たんだろう」

「どうして上手くできるようになったんだろう」

このような良い所を脳に問いかけをすると脳は全力でその理由を見つけ出します。

「リラックスしてできたから」

「話題を勉強したから」

「良いイメージでお見合いには入れたから」

と言った回答になると思います。

「出来ない」事を問いかけると、出来ない理由を見つけます。

「出来る」事を問いかけると、出来る理由を見つけます。

うまく自分をコントロールするにはどうすれば良いか。

もうお分かりですよね。

上手く行った事を問いかければ、出来た理由が見つかり、自分に自信がつきます。

落ち込んで辛い時は出来なかった事ではなく、その中でも出来た理由を見つけ出しましょう(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように

す~さんの結婚相談室 鈴木





最新記事

すべて表示

「嫌われたくない行動」と「好かれる行動」は違います

結論からお話させて頂きます。 嫌われないようにしていても、相手からは好かれません。 もし、あなたが嫌われたくないのであれば、自分を我慢して相手に媚を売って、相手に何でも合わせていれば嫌われる事はないでしょう。 普段の生活の中でもそうです。 周りから「どう見られているか」すごく気になっていませんか。 みんなから嫌われたくないと思うタイプですか。 行動の色々な事が嫌われない為の行動になっていませんか。

辛い事があるから幸せに気付きます

今週はオンライン含めて13件のお見合いになります。 初めてお見合いされる方もいらっしゃいます。 まずは楽しんでくださいね。 皆さん素敵な良いご縁に繋がると良いです(^^♪ さて、人生って良い事ばかりじゃないですよね。 良い事が起きたり、辛い事が起きたりと色々です。 不安や悲しみ、苦しみ、挫折、痛み、恐怖、失敗などなど嫌な事も沢山あります。 例えば、幸せな気分を季節に例えると春のようなものとします。

他人をコントロールする事は出来ません

「半沢直樹」 面白いですね。 いよいよ来週は最終回です。 「3人まとめて~!!」どんな展開になるのか今から楽しみですね(^^♪ さて、あなたには「他人の行動を変えようとする事」「彼氏の気持ちを変えようとする事」 「夫の考え方を変えようとする事」は出来ません。 その変えようとする事に焦点を当ててはいけないと思います。 私たちってついつい相手に期待してしまいます。 「もっと話を聞いて欲しい」「私の事を