top of page

感情(愛情)表現こそ婚活最強!

こんにちは。

今回は女性編です。

さて、婚活最強は感情(愛情)表現にあると言っても過言ではありません。

ここでいう愛情表現とは「愛してる」とか「好きです」ではないです。

例えばお見合い中なら

「そんな大変なお仕事しているんですね。仕事頑張っている人ってすごく素敵です」

「○○さんとお話ができてすごく楽しかったです!」

このような感情(愛情)表現です。

デートの場合だったら

「○○さんと一緒ならどこに行っても楽しいです!」

「今日は本当に幸せな1日でした!」

「この前はごちそうしてもらったので、今度は私に払わせてください!」

こんな感じです。

何となく伝わりますでしょうか。

お断りの理由では「何を考えているかよく分からない」と言われ男性が離れていってしまうパターンがあります。

このようなケースでは女性の感情(愛情)表現が少ないことが原因になってしまうことがあるのです。

それはなぜか?

それは世の大半の男性は「察する」ということができないからなんです。

察する事が出来ないため、相手が「何を考えているのか」が読めない。

そのため、男性は感情表現が少ない女性といるとどことなく物足りなさを感じてしまうのです。

「結婚生活のイメージが湧かない」のです。

どんなに最初は素敵に感じていた女性でも、この感情表現がなかったら「僕はあなたを幸せにできているか分からない。だったら僕じゃない方がいい」と気持ちが変化してしまうのです。

ですから感情を表に出すことが苦手な方は、ポジティブな表現をたくさんするよう意識してみてはいかがでしょうか。

愛情表現が上手になるポイントは、相手をよく観察することです。

相手の気持ちを考えること。

相手の外見の変化はもちろんですが、内面の変化にも気づいてあげること。

そして幸せな表現「美味しい!」「ここのお店素敵ね」「楽しいね」と自分の中で感じていることを素直に表現してみてください。

これを実践するだけで驚くほど男性からの返答は変わってきます。

「一緒にいると楽しいんです!」「また会いたいです!」と良いご返答が返ってきます。

決して「噓をついてでも表現してください」とは言いません。

噓をつく必要はないのです。

ただ、自分の中で感じているごくごく小さなポジティブな感情であっても、それを相手に対して表現する努力は必要だと思います。

男性は女性から積極的に愛の言葉を受け取ることが少ないです。

特に婚活中ならなおさらです。

そんな時、素直な愛情たっぷりの言葉が投げかけられたらどうでしょうか。

「もうこの人と一緒にいたい」となることでしょう。

もちろんですが、「この後お断りしよう、、、」と思っているのであれば、思わせぶりなことをする必要はないと思います。

ただ、「次もお会いしたいな」「素敵な方だな、またお話ししたいな」とお思いでしたら、受け身にならず素直に愛情を伝えるのもありだと思いますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

人を上下に考えるのではなく左右で考えませんか?

こんにちは。 早いものでもうすぐ3月です!あっという間ですね。今年こそはとお考えのみなさま頑張っていきましょう! そして今週はお見合いが13件です。 皆さん自然体で楽しんできてくださいね。 応援しております! さて、ちょっと前になりますが、某SNSにて話題になりましたお話です。 意味合い的にはこんな感じだったと思います。(あまりよく見てなかったので違っていたらごめんなさい) 結婚している人の方がス

「嫌われたくない行動」と「好かれる行動」は違います

こんにちは。 さて「嫌われたくない行動」と「好かれる行動」についてです。 結論からズバリ! 嫌われないようにしていても、相手からは好かれることはありません。 もし、あなたが嫌われたくないのであれば、自分を我慢して相手に媚を売って、相手に何でも合わせていれば嫌われることはないと思います。 普段の生活でもそうです。 周りから「自分はどう見られているんだろう」すごく気になっていませんか。 みんなから嫌わ

お見合いでお断りされてしまう理由は?

こんにちは。 今週はなぜか日曜日にお見合いが集中しており、日曜日だけで16件のお見合いとなります。 良いご縁となりますよう心より願っております(^^♪ さて、結婚相談所ではお見合いが終わった後、基本的に翌日までに「YES]「NO」のご返答をする必要があります。 「またお会いしたいです!交際希望でお願いします。」などのYES回答。 「今回はお見送りでお願いします」などのNO回答があります。 そして、

bottom of page