嫌われてもいい覚悟

あなたは「人からどう思われるか、とても気になりますか」

「すべての人から好かれたい」タイプでしょうか。

そのようなタイプの人は自分の意思や意見を押し殺してしまう傾向があります。

このようなタイプの人にはハッキリと言えることがあります。

それは、すべての人にいい人と思われたい、受け入れられたいと思っている人は、自分自身の人生を歩むことが出来ない!という事です。

こんな事を言っている私も以前は結婚式場に勤めていた時、まさにこれでした。

100組の新規会場見学のお客様が来店したら100組に式場の契約を頂きたいと思っていました。

その為にどんなことが起こったかと言うと、どんどん契約を頂くうちはとても良いスパイラルなのですが、その中で一組でも他社で契約したと聞くと、「なぜ、いけなかったんだろう」「何がダメだったのだろう」と考え込んでしまい、ストレスを抱えてしまっていました。

それだけだったら良いのですが、それが次に来店される新規のお客様にまで影響していたのです。

要は悪い思いをひきづってしまったんですよね。

ただ他社と契約したのは会場の雰囲気が自分の好みでは無かっただけかも知れないですし、他社で知り合いが勤めていただけかもしれない。

いちいち気にしすぎていました。

でもある時どんな人でも100%はないよな。

自分の精一杯の想いを告げて説明し、それで他社が気に入ったのなら仕方ない、そう思えた瞬間に気が楽になり、最終的には知らぬ間に成約率も上がっていたんですよね。

人生や恋愛も同じだと思います。

嫌われてもいい、振られてもいい、そう覚悟を決めると気持ちががらりと変わります。

いつも無意識に抱えていたプレッシャーやストレスがあっという間にスッとなくなります。

人は知らない間に人の意見や評価を気にしていて、本当の自分を押し殺して人生を過ごしている時があります。

周囲と仲良くなりたい、対立したくないな、そんな守りの態勢に入ってしまう事は仕方がない事でもあります。

でも、人間関係を違う角度から見てみると肩の力が抜けていきます。

嫌われてもいい覚悟をもつという事は、相手の存在を過剰に意識せずに、付き合えるようになるという事です。

ここで一つ勘違いしてほしくないのが、嫌われてもいい覚悟を持つ人と嫌われる人は全く違うという事です。

嫌われる人は自分勝手でわがまま、相手の気持ちを考えられない人です。

嫌われる人は自覚がないので、相手の嫌がる事を平気で行ってしまう事があります。

逆に嫌われてもいい覚悟というのは無理に人に嫌われる事ではありません。

嫌われたらどうしようという不安を捨てる事なんです。

何にでも覚悟を持って行っているので言動や動作も相手に本気で力強く伝わります。

嫌われてもいい覚悟を持って人生を過ごす人は、周囲の顔色を窺わず、いつも自分らしく生活を送る事が出来ます。

そして無理に好かれようとせず自分らしく振舞えば、あなたの輝きはもっともっと輝く事と思います。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木


最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情