本当の「失敗」はやりたい事をやらなかった事

もしかしたら間違っているかもしれないと、こわくて震えながらも、とにかく足を出して、一歩踏み出してみてください。

そうしない事には、間違っているかどうかも分かりません。

踏み出してみた人にしか、間違いを正して上に進むことは出来ないんです。

もちろん、足を踏み出すのにたった10分位で出来る人もいれば、10年かかる人もいる。

人はそれぞれですが、それでも足を出し続ける努力をした人が勝ちなんです。

大切なのは、こわくても一歩足を踏み出してみる事。

そうして一歩を踏み出して行動し続けた人が、どのくらいかかるかは分かりませんが、自分自身を成長させて、自分なりの成功を手に出来るんです。

もし、何かをして「失敗した」と思うのであればマイナス面をよく考えていなかったからかも知れません。

「マイナス面はこんなことがあるけど、自分はそれを分かった上でやっているんだ」という覚悟。

あらかじめ想定しておけば「こんなはずじゃなかった」という計算違いは起こりません。

全てが想定内です。

でも、たとえ想定外な事が起こっても、計算違いしても大丈夫です。

それに気づいて学びにすれば、計算違いも貴重な経験になります。

結局は、失敗なんてないんですよね。

行動したことは全て学びになるんですから。

もし、本当に「失敗」と言えることがあるとしたら、それは自分がやりたいと思ったことをやらなかった事。

行動しなかった事だけなんです。

行動しなければ学びなどない。

学ばなければ成長もしないですよね(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「