本当の「失敗」はやりたい事をやらなかった事

もしかしたら間違っているかもしれないと、こわくて震えながらも、とにかく足を出して、一歩踏み出してみてください。

そうしない事には、間違っているかどうかも分かりません。

踏み出してみた人にしか、間違いを正して上に進むことは出来ないんです。

もちろん、足を踏み出すのにたった10分位で出来る人もいれば、10年かかる人もいる。

人はそれぞれですが、それでも足を出し続ける努力をした人が勝ちなんです。

大切なのは、こわくても一歩足を踏み出してみる事。

そうして一歩を踏み出して行動し続けた人が、どのくらいかかるかは分かりませんが、自分自身を成長させて、自分なりの成功を手に出来るんです。

もし、何かをして「失敗した」と思うのであればマイナス面をよく考えていなかったからかも知れません。

「マイナス面はこんなことがあるけど、自分はそれを分かった上でやっているんだ」という覚悟。

あらかじめ想定しておけば「こんなはずじゃなかった」という計算違いは起こりません。

全てが想定内です。

でも、たとえ想定外な事が起こっても、計算違いしても大丈夫です。

それに気づいて学びにすれば、計算違いも貴重な経験になります。

結局は、失敗なんてないんですよね。

行動したことは全て学びになるんですから。

もし、本当に「失敗」と言えることがあるとしたら、それは自分がやりたいと思ったことをやらなかった事。

行動しなかった事だけなんです。

行動しなければ学びなどない。

学ばなければ成長もしないですよね(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?

こんにちは。 今週は11件のお見合いです。 みなさま素敵なご縁になると良いですね。 応援しております! さて、営業で一番自分が好きな商品、気に入っている商品が一番売ることが出来ます。 当然ですよね。 その商品の説明をした時に相手は自然に説得力を感じられますから。 恋愛やお見合いの場合でも一緒だと思います。 売り込むのが「商品」ではなく、代わりに「自分自身」になっただけ。 だから早い話が「自分自身」