top of page

お見合いで相手との共通点が無い時ってどうすればいい?

こんにちは。

婚活マニュアルにはお見合いの時によく「共通点を見つけましょう」と言われています。

もちろん共通点を見つけることは大切だと思います。

同じ地元、共通の趣味を持った人とは話は盛り上がりますよね。

しかし、お見合いではほとんどが初対面であり、プロフィール以外の事は分からなく情報が少ないのです。

そんな時「共通点を見つけよう!」と思ってはいても、いざ共通点が見つからなかったら、そのお見合いは厳しい事になるでしょう。

「何も話すことがなくなった・・・どうしよう・・・(沈黙)」

お断りの理由で「話が続かなかった・・」「良い人とは思うのですが・・」

となってしまいます。

では、そんな時どうやってお互いの距離を縮めたら良いのでしょうか。

それは相手の価値観や相違点を受け入れてみることです。

例えばあなたがインドア系だったとします。

相手から「私キャンプが大好きなんです!」と言われた時、「あっそうなんですね」と言って自分とは違うなと思ってしまっては、そこで会話が終了してしまいます。

しかし「えっ、キャンプが好きなんですね。私は苦手でして、、、。ちなみにどんな所が好きなんですか?」

「へ~そうなんですね。そんな楽しみ方があるんですね!」

「今度やってみようかな~」

と言うように「相手はキャンプが好き→私は好きじゃない」この違いに対して、面白がって話を聞くと、相手も喜んで話をしていただけます。

例えば「スポーツ観戦が好き→私は好きじゃない」と言う着眼点だと「へ~スポーツ観戦が好きなんですか。私は行った事もなくて、、、どんな感じなんですか?」

と面白がって楽しそうに話を聞くと、相手は喜んで話してくれます。

その相手のお話こそが新しい価値観との出会いだと思うのです。

そもそも私たちは一人一人、生まれた場所も違えば、育った環境も違います。

それぞれ価値観も違えば、過去の経験も考え方も全く違います。

人間は共通点より、圧倒的に相違点の方が多いのです。

その違いを「私とは違う」で終わらせてしまっては会話も続かないですし、偏った価値観になってしまう恐れがあります。

よく、苦手な人に反応してしまう人は「自分と相手は同じ価値観である」と言う前提が存在するからでもあると思います。

その価値観が違うから「イラッ」としてしまったり、自分の心の中だけで腹が立ったりしてしまい、かえって苦しくなってしまうのです。

人それぞれ性格や思考、生きてきた環境が違います。

意見が合わなくて当然です。

であるのであれば、共通点を探すより相違点を探り合った方が、話も尽きないですし、お見合いは確実に盛り上がると思いますよ(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

正論は正しいけど役には立たない

こんにちは! 先日ですが、会員様とお話をしていた時「男性って食事が終わるとすぐお店を出たがりますよね」という話になりまして。 確かに!と思ってしまいました。(自戒を込めて...) でも、どちらかというと女性は食事が終わった直後は少しゆっくり休みたいと思いますし、おしゃべりしたいと思っている方が多いんですよね。 あなたはどちらのタイプですか? さて、常に自分の正しさを言いはなち、お相手の言葉には一切

愛される人の特徴は○○

こんにちは! 常に交際希望をもらえる方。一度お見合いをしただけで、もう既に男性に明るい未来(結婚生活)をイメージさせることができてしまう方がいらっしゃいます。 今回は愛される人の特徴をご紹介させていただきたいと思います。 愛される人の特徴の一つは明るく振舞っていてそして素直です。 顔色を窺いながら遠回しに話したりせずに、自分はこう思うと、相手が気を悪くしない程度にまっすぐ発言します。 一方で、言い

Kommentare


bottom of page