• す~さん

相手の悪い面ばかり気になるんです

今週はお見合いが11件です。

皆さん、良いご縁に繋がると良いですね(^^♪

応援しております!

そして、現状はと言うと都内の方とのお見合いは難しいのですが、その代わり他の地区のお見合いが増えてきている様子です。

例えば以前は埼玉県の方にお申込みした時、埼玉県の方は都内の方を考えている方が多かったので、少し難しかったのです。

でも、今は逆に埼玉県の方は都内の方とあまりお会いしようとしていなく、とりあえず会える栃木県、茨城県、群馬県の方とお会いしようとしている印象です。

あくまで推測でしかないのですが、、、

出会いを増やすチャンスですね(^^♪

さて「相手の悪い面ばかり気になるんです」です。

「どちらが正しいのか」を中心に考えている人は、人の悪い所に目がいきます。

「どちらが楽しいか」を中心に考えている人は、人の良い所に目がいきます。

「こんなの当たり前だから」と思っている人は、人の悪い所に目がいきます。

「いや~ありがとう!」と思っている人は、人の良い所に目がいきます。

人を変えようとする人は、人の悪い所に目がいきます。

自分が変わろうとする人は、人の良い所に目がいきます。

あなたは常に人の足りないところばかりを見ていませんか。

そして、それは婚活でもそうではないですか。

まずは完璧な人などこの世に存在しないという事を意識する必要があります。

どこか欠けている、そしてどこか足りないものがあってこその人間です。

その欠けている部分、相手の足りない部分に目を向けて、そのことばかり考えてしまうと、あれがダメ、これがダメと文句ばかりしか出てこなくなってしまいます。

婚活で上手くいく人たちは、不足の部分ではなく、今あるもの(良い部分)に目を向けています。

「経済面で不安定だけど、好きな仕事をして生きている男性って素晴らしいな」

「話し上手じゃないけど、私の話をよく聞いてくれる男性って嬉しいな」

常にあるものにフォーカスして他人の豊かさに注目している人は、周りからも認められています。結婚も早いです。

誰も、自分の持っていないところばかり指摘されて文句を言われる人とは結婚しようとは思わないですよね。

今、自分が持っているものを見てくれて、感謝して褒めてくれる人と一緒にいたいと思います。

人の悪い所を見つける目と言うものは、誰もが標準装備されていると思います。

ですが、人の良い所を見つける目と言うものは、後天的に養っていくものだと思います。

人の良い所に目を向ける癖をつけていきましょう(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

努力の結果は成長です

何かに対して努力をした時の結果は「成功」ではなく「成長」だと思うのです。 あなたが正しい努力をすれば必ず成長できます。 今まで恋愛経験がなくても、あなたが正しい努力をしていけば必ず人として成長し、魅力的な人になります。 新しい事を学べば、昨日のあなたよりも確実に超えていける。 料理を学べばそれだけで昨日よりも成長します。 本を読めばそれだけで昨日よりも成長します。 新しい事に挑戦していけば必ず、何

恋愛は苦手だけど結婚はしたい女性の為の必勝プロセス

少しづつ暖かくなってきましたね。 先日、40代女性会員様よりご成婚退会の嬉しいご報告を頂きました。 後日詳しくお話をお伺いさせて頂きたいと思います。 これで今年は5組様のご成婚となりました! 皆さん幸せそうで何よりです。つくづく会員様の幸せな顔を見ると、あらためてこの仕事をしていて良かったなと思うばかりです。 私の方がいつも元気を頂きます(^^♪ ありがとうございます。 さて、恋愛は苦手だけど、そ

30代男性会員様ご成婚退会となりました!

今週は10件のお見合いです。 徐々にですが、緊急事態宣言が解除され対面でのお見合いも増えたように感じます。 皆さん良いご縁になると良いですね。 楽しんでください! さて、今週はお二人の30代男性会員様がご成婚退会となりました。 先日〇さんとお会いさせて頂き、お話をお伺いさせて頂きましたので、皆様の活動のご参考になれば幸いです。 【初めてお会いした印象はどのような感じでしたか】 おとなしそうで優しそ

アクセス(ご相談場所)お見合い場所:栃木県宇都宮市上大曽町492-1 ホテル東日本宇都宮様1F  アトリウムラウンジ 「ハイドパーク」

​お打ち合わせ場所:栃木県宇都宮市今泉町3020-1 MUSASHI IMAIZUMI

​※ご相談は予約制となりますので、あらかじめご連絡お願い致します。

営業時間:AM10:00~PM8:00

​定休日:火曜日

ライン

Copyright Soaile