相手の悪い面ばかり気になるんです

今週はお見合いが11件です。

皆さん、良いご縁に繋がると良いですね(^^♪

応援しております!

そして、現状はと言うと都内の方とのお見合いは難しいのですが、その代わり他の地区のお見合いが増えてきている様子です。

例えば以前は埼玉県の方にお申込みした時、埼玉県の方は都内の方を考えている方が多かったので、少し難しかったのです。

でも、今は逆に埼玉県の方は都内の方とあまりお会いしようとしていなく、とりあえず会える栃木県、茨城県、群馬県の方とお会いしようとしている印象です。

あくまで推測でしかないのですが、、、

出会いを増やすチャンスですね(^^♪

さて「相手の悪い面ばかり気になるんです」です。

「どちらが正しいのか」を中心に考えている人は、人の悪い所に目がいきます。

「どちらが楽しいか」を中心に考えている人は、人の良い所に目がいきます。

「こんなの当たり前だから」と思っている人は、人の悪い所に目がいきます。

「いや~ありがとう!」と思っている人は、人の良い所に目がいきます。

人を変えようとする人は、人の悪い所に目がいきます。

自分が変わろうとする人は、人の良い所に目がいきます。

あなたは常に人の足りないところばかりを見ていませんか。

そして、それは婚活でもそうではないですか。

まずは完璧な人などこの世に存在しないという事を意識する必要があります。

どこか欠けている、そしてどこか足りないものがあってこその人間です。

その欠けている部分、相手の足りない部分に目を向けて、そのことばかり考えてしまうと、あれがダメ、これがダメと文句ばかりしか出てこなくなってしまいます。

婚活で上手くいく人たちは、不足の部分ではなく、今あるもの(良い部分)に目を向けています。

「経済面で不安定だけど、好きな仕事をして生きている男性って素晴らしいな」

「話し上手じゃないけど、私の話をよく聞いてくれる男性って嬉しいな」

常にあるものにフォーカスして他人の豊かさに注目している人は、周りからも認められています。結婚も早いです。

誰も、自分の持っていないところばかり指摘されて文句を言われる人とは結婚しようとは思わないですよね。

今、自分が持っているものを見てくれて、感謝して褒めてくれる人と一緒にいたいと思います。

人の悪い所を見つける目と言うものは、誰もが標準装備されていると思います。

ですが、人の良い所を見つける目と言うものは、後天的に養っていくものだと思います。

人の良い所に目を向ける癖をつけていきましょう(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「