終わりよければ全て良し!

ご成婚退会者の方々が成婚退会後に思う言葉の第一位!

結局のところ「終わりよければ全て良し!」になるんですよね。

活動中にお相手から振られてしまったり、なかなか活動が上手くいかなかったり、そんな辛い事もありますが、素敵なお相手とご成婚された時すべてが良かったと思えるようになる。あなたにも諦めさえしなければあなたにとってピッタリのお相手が現れます。

つくづく相談所を運営していると思うのです。

大丈夫です。だから活動されている皆様、諦めないでください!

さて、「終わりよければ全て良し」は婚活に限った訳ではありません。

例えばお見合い後のお別れの時の一言も大変重要なんです。

お見合いが終わり、何も言わず「失礼します」と退出してしまうのは論外ですが。

「今日は楽しかったです」「今日はありがとうございました」と一言付け加えるのも悪くはないです。

ですが、そこにもう一歩こだわりを持ってみましょう。

その言葉により、途中何か失言があったり、変な空気になったとしても、去り際の一言でひっくり返せることがあるからです。

「今日はありがとうございました」と抽象的に伝えるよりも、具体的に伝えてみませんか。

具体的に伝えると、「ちゃんと自分の話を聞いてくれていたんだ」「ちゃんと自分の事を見てくれていたんだ」と言う気持ちになります。

お見合いの去り際に、話に出た具体的なトピックスを一つピックアップしてみてください。

趣味のお話が面白ければ「○○さん○○(趣味)のお話、とても面白かったです。ぜひまた聞かせてください」

旅行のお話が出たら「○○さんの旅行の話、とても素敵でした。また聞かせてください」

最近仕事が忙しいという話が出たのであれば「○○さん、明日くらいは早く帰宅してくださいね」

お相手の印象に残すのであれば、抽象的な言葉よりも具体的なエピソードが必要です。

お見合い後に「今日のお話の思い出を一つ伝える」ことを実践してみてください。

その一言が素晴らしいご縁のかけ橋となると思います(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情