結婚するなら顔だけが好き?それとも顔以外が好き?

もし、「顔だけが好き(顔以外好きじゃない)」人と「顔以外は全部好き(顔だけが好みじゃない)」人のどちらかしか選べないとしたら、あなたはどちらを選びますか?

まず、顔以外に好き嫌いが発生する外見としてはスタイルがあります。

身長が高い、低い。

太っている、痩せている。それぞれに好みはあるでしょう。

もちろん、内面の性格も顔以外の選択基準に含まれます。

例えば顔にこだわる人ほど、他の基準の採点が甘くなります。

ちょっとしたことでも許せてしまう。全てが良いように解釈してしまうので、顔が好みで許容できてしまう事も。

ただ、デメリットとしては結婚後長い期間がたてば好みの顔も見慣れれば当たり前になり、今まで目をつぶっていたことも無視できなくなってしまいます。

人間、歳をとれば外見はいずれ変化します。

しかし、外見の変化に対して、その人の持つパーソナルな内面、性格はほとんど変わりません。

例えば酒癖が悪かったり、暴力的だったり、若い頃はクールに見えていたのが実はただのカッコつけだったり。

積極的だと思っていたのが、実は自己中だったり。

これでは結婚生活は苦しくなるだけです。

ですので、好みの顔だからと言って他の事は目をつぶるなんてことは絶対にしないでくださいね。

結婚生活を円満に幸せに暮らせるのは後者の方かも知れません(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?

こんにちは。 今週は11件のお見合いです。 みなさま素敵なご縁になると良いですね。 応援しております! さて、営業で一番自分が好きな商品、気に入っている商品が一番売ることが出来ます。 当然ですよね。 その商品の説明をした時に相手は自然に説得力を感じられますから。 恋愛やお見合いの場合でも一緒だと思います。 売り込むのが「商品」ではなく、代わりに「自分自身」になっただけ。 だから早い話が「自分自身」