• す~さん

自分の幸せの為

今週は5件のお見合いです。

皆さんどんどん積極的に活動して頂いております。

楽しみながら自分の幸せの為に頑張りましょう!

さて、「自分の幸せの為」以外の「○○の為」というのはやがて、「○○のせい」となって自分を苦しめてしまう場合があります。

例えば給料が安く残業も多い、上司からいびられても会社を辞めなかった人がいます。

何故かと聞くと「家族の為に辞めなかった」と言います。

もちろん素晴らしいことでもあります。

でも、これは「家族のせいで辞められなかった」と言っているのと同じなのです。

辞めるというリスクを背負わなかった自分の責任を、家族に押し付けてしまってもいるのです。

「○○の為」はそのまま「○○のせい」に転じやすいです。

こんな悩みを抱えている人もいらっしゃいます。

「離婚して、はたして子供たちを幸せにできるのだろうか」という母の悩みです。

この答えは私よりもそのお子さん達に聞くのが一番です。

お子さん達はこのように答えるでしょう。

「お母さんが笑っているのが一番いい」

それはお母さん自身の幸せを考えるという事。

それが結果としてお子さん達の幸せにつながるのだと思います(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木