自分の選択を正解に導くのは選択した後の自分次第

今回は私が最も心のモチベーションになっている言葉をお伝えさせて頂きます。

それは前田裕二さんの「自分の選択を正解に導くのは選択した後の自分次第」という言葉。

何かを選択しようとする時、「どちらを選んだ方が正解なのか」悩みませんか?

例えばAとBという選択肢があった場合

「Aを選んだほうが正解なのか」

「いやもしかするとBなのかな」

「う~ん悩む、、、」などなど。

「AとBのその先には、予め正解と不正解が決められていて、、」と考える。

だから選択に悩む。

でも、本当はどちらを選んでも正解になるし、不正解にもなります。

ですから、選択そのものにはあまり意味がないのです。

本当に大切なのは、自分がその時に決断した(選んだ)選択が正しかったと思えるような行動をとれるかどうかなのです。

何かを選択するときは「後悔しない決断をする」

結局は決断した時点ではそもそもどちらも正解がない。

だから後で後悔することがないように決めた後の行動を頑張れば良いんです。

「結婚相談所に入会しようかな、でも今のままで十分だし今後一人でも良いかな」

この時点ではどちらも正解も不正解もないと思います。

自分が後悔しない選択をして、選んだ後に「こっちを選んで良かった!」と思えるような行動を起こす事の方が大切なのです。

経営者はおそろしく決断が早い方がたくさんいらっしゃいます。

そういった方達はもちろん「失敗を恐れない」という事もありますが、決断した後の選んだ方を成功に導く行動の方が大切という事を知っているからだと思います。

「悩むなら後悔しない決断をする」

「自分の選択を正解に導くのは選択した後の自分次第」なんです(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木





最新記事

すべて表示

こんにちは。 とちぎ国体が始まりましたね。 知人が何名か出場するという事で楽しみです! 頑張ってください!応援してます(^^♪ さて、結婚したい男性のランキング上位に必ず入ってくる「優しい人」 よく「優しい男性が好きなんです!」という言葉も聞こえてきますよね。 しかし!しかしです。 残念なことにこの「優しい人が好き」というのを間違って勘違いしてしまうと、ただの「頼りない人」になってしまう恐れがある

こんにちは。 この度、30代女性会員様がご成婚退会となりました! お二人が出会われたのが2月ですので、約6か月のご交際を経てご成婚退会となりました。 今回ご成婚退会手続きにはお相手の男性とお二人でお越しくださいました。 そして、お二人からお話をお伺いすることができましたので、皆様の今後の参考になりますと幸いです。 【初めてお会いされた印象はいかがでしたか?】 男性:大学で通っていた地域が近いことが

こんにちは。 今週も3連休ですね。 お見合いは10件です。 皆さん頑張ってください! そして仮交際中の方へ! 良い仮交際は会うたびにどんどん楽しくなり幸せを感じてきます。 悪い仮交際は会うたびにどんどん苦しく感じてしまいます。 苦しく感じてきたら要注意、もしかすると「その道ではないよ」という心のサインかも知れません。 心のサインを見逃さないでくださいね。 さて、悩みというものは「なぜ」「どうして」