top of page

自分の選択を正解に導くのは選択した後の自分次第

今回は私が最も心のモチベーションになっている言葉をお伝えさせて頂きます。

それは前田裕二さんの「自分の選択を正解に導くのは選択した後の自分次第」という言葉。

何かを選択しようとする時、「どちらを選んだ方が正解なのか」悩みませんか?

例えばAとBという選択肢があった場合

「Aを選んだほうが正解なのか」

「いやもしかするとBなのかな」

「う~ん悩む、、、」などなど。

「AとBのその先には、予め正解と不正解が決められていて、、」と考える。

だから選択に悩む。

でも、本当はどちらを選んでも正解になるし、不正解にもなります。

ですから、選択そのものにはあまり意味がないのです。

本当に大切なのは、自分がその時に決断した(選んだ)選択が正しかったと思えるような行動をとれるかどうかなのです。

何かを選択するときは「後悔しない決断をする」

結局は決断した時点ではそもそもどちらも正解がない。

だから後で後悔することがないように決めた後の行動を頑張れば良いんです。

「結婚相談所に入会しようかな、でも今のままで十分だし今後一人でも良いかな」

この時点ではどちらも正解も不正解もないと思います。

自分が後悔しない選択をして、選んだ後に「こっちを選んで良かった!」と思えるような行動を起こす事の方が大切なのです。

経営者はおそろしく決断が早い方がたくさんいらっしゃいます。

そういった方達はもちろん「失敗を恐れない」という事もありますが、決断した後の選んだ方を成功に導く行動の方が大切という事を知っているからだと思います。

「悩むなら後悔しない決断をする」

「自分の選択を正解に導くのは選択した後の自分次第」なんです(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪





最新記事

すべて表示

「いつか好きになるかもしれない」は「やっぱり好きになれない、、、」になります

こんにちは。 今週のお見合いは17件です! 楽しむことを忘れずにお話ししてみてくださいね。 頑張ってください(^^♪ 応援しております! さて「条件はいいんです。収入も問題ないと思いますし、誠実だし浮気もしなさそう。見た目だって悪くはない。でも何故かドキドキしないんです。このままお付き合いしてもっと会う回数を増やせばいつか好きになれるのでしょうか」 と言うご相談がありました。 さて、あなただったら

「今日は盛り上がった!」それでもあなたがお断りされた理由

こんにちは!現在ですが複数のイベントを考えています! 検討しているのが「婚活者の方々の体験イベント」 例えば、バーベキューであったり、いちご狩りであったり、料理イベント的なもの。 そして「女性婚活者だけの座談会」 女性の方だけでお互いに情報共有したり、たわいもない会話をすることでお互いに気持ちが楽になればよいかなと。 そして「男性婚活カリキュラム」 実際の婚活女性を招いて、こんな時女性はこう感じて

Comentarios


bottom of page