親密度を高める話題とは

1月もあとわずかですね。

コロナ禍に関わらず、真剣交際に入る方、成婚退会される方は多数いらっしゃいます。

そのように前のステップに進まれる方はある共通点があるように思えます。

それはその時その時によって婚活のやり方を変えている事。

やり方と言うのは、例えば今のような緊急事態宣言時はオンラインを活用する。

そして落ち着いた時に対面でお会いする。

オンラインは苦手だからちょっと、、

ラインは苦手だから、、

その場その場で柔軟に対応できる方はどんな状況でさえもご縁を掴んでいるような気がします。

今後もコロナの影響でどのようになるかも分かりませんのでケースバイケースで対応出来るようにしておきましょう。

さて「親密度を高める話題」とは。

お見合い時には当たり障りのない話ばかりでは可もなく不可もなくの何となくのお見合いになってしまいます。

そこである程度お話が進んだ時に、親密度を飛躍的に高める話題があります。

それは「行ってみたい所に関する話題」「コロナが落ち着いたらやってみたい事」

「行ってみたい所」「やってみたい事」と言うのは未来の話なので基本的に想像の話になります。

あなたもこんな経験ありませんか。

片思いの相手とデートやたわいもないやり取りを想像(妄想)して、一人でにやにやした事。

すみません、私はあります、、、

遊園地に行ったり、食事をしたり、想像(妄想)している内に益々相手を好きになっている。

この話題と似ていまして「行ってみたい事」の話をしている時は同じ場所、同じイベントを想像し、疑似的な体験をする事になります。

そしてこの疑似体験をする事で「あなたと一緒にいると楽しい!」と感じ、「またお会いしたい!」と思うようになります。知らんけど。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情