誰の為に結婚するのですか?

まず「あなたは誰のために結婚するのですか?」

を考えてみてください。

婚活を始める理由は人それぞれです。

「寂しくなったから」

「将来に不安を感じ始めたから」

「周りが結婚してるから」

「親がうるさいから」

「何か劣等感を感じ始めたから」

理由は人それぞれ、複雑なんですよね。

周りの影響を受けて、結婚したいと思っています。

ですが、こちらの理由は全部ネガティブな心からきています。

婚活パワーが弱いんです。

「結婚したい!」という気持ちよりもネガティブな気持ちが前に出てしまうんです。

そうすると、どうなるのか。

壁を乗り越える力が出ないんです。挫折してしまうんです。

ではどうすればよいのでしょうか。

もう決めてしまいましょう。

「自分の為に結婚する!」と。

「私は幸せになりたいから結婚する!」

「とにかく幸せになる!」

これで良いんです。

誰にも遠慮などしないでください。

自分の幸せを一番に考えてください。

そうすると婚活パワー全開です。

でもこんなこと言ってしまうと

「自分ばかりの幸せを考えてられない」

「そんな自己中な考えは良くない」

という人もいると思います。

でもこれは違います。

あなたが幸せを我慢していたら、あなたの周りの人は幸せになれますか。

あなたが我慢してムスッとしていたら、そばにいる人はどう感じると思いますか。

あなたがニコニコしていたら、周りの人もニコニコしてくれると思いませんか。

私にも子供がおりますが、子供には自分の幸せを見つけてほしい。

親は子供が幸せでしたらこちらも、ものすごく幸せな気持ちになるんです。

ですから、あなたが思いっきり幸せでいると嬉しいのです。

自分に遠慮しないでください。

その方が周りもきっと幸せになれますよ。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?

こんにちは。 今週は11件のお見合いです。 みなさま素敵なご縁になると良いですね。 応援しております! さて、営業で一番自分が好きな商品、気に入っている商品が一番売ることが出来ます。 当然ですよね。 その商品の説明をした時に相手は自然に説得力を感じられますから。 恋愛やお見合いの場合でも一緒だと思います。 売り込むのが「商品」ではなく、代わりに「自分自身」になっただけ。 だから早い話が「自分自身」