遠距離に負けるな

8月に入り本格的な暑さが続いています。

皆様も熱中症にはお気を付けくださいね。

さて、会いたい時に会いたい人と会えない。

それが遠距離恋愛の辛い所です。

辛いことがあった日、悩みごとを聞いてほしい時に相手が近くにいない事は何より寂しいですよね。

簡単に会う事が出来ないと分かっていても「この人しかいない」という思いがあるから遠く離れても頑張れるのだと思います。

遠距離の寂しさに打ち克つにはどうしたら良いのでしょうか。

それは、自分と同じ寂しさを相手も同じように感じているものだと理解する事かも知れません。

寂しいのは自分だけではないと思えば寂しさも少しは和らぎます。

好きな人が同じ気持ちでいてくれることが、会えない時にどれだけ心強いでしょうか。

寂しいのはお互い様。それを忘れないようにしたいですね。

遠距離恋愛にはたくさんの壁があります。

時には言い合いやケンカもあるかもしれません。

でも、そのような事になっても二人の距離を埋めるものは相手への思いやりです。

大事なのは相手の心を感じる事。心が近くに感じたら不安も少なくなるでしょう。

会えなかった寂しさは会えたその日に消えます。

離れたらまた寂しくなるかもしれない。

それでも、また次に会える日には一番素敵な自分になっていられるようになれば良いです。

本当の気持ちが二人にあるなら離れていても大丈夫!

距離なんかに負けない、そして自分にも負けないようにしたいですね(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木


最新記事

すべて表示

こんにちは。 婚活がうまくいかない人の特徴として「レスが遅い」ことが挙げられます。 レスが遅いのは、けっこう致命的であり、交際中のやり取りもなかなか進まず、相手には「やる気あるの」と思われてしまっています。 非常にもったいないですよね 婚活中はなるべく即レスを意識してくださいね(^^♪ さて、「私幸せになりたい!」と幸せを相手に依存してしまい求めてばかりいませんか? これでは結婚できたとしても、も

こんにちは。 昔話です。 ある古い街に老人が住んでいました。 その老人は街を囲む城壁の外に座り、行き交う人々を見るのが日課でした。 毎日、大勢の旅人が立ち止まってはおしゃべりをしていきました。 ある暑い夏の日のこと、老人が子供たちに話をしていると、見知らぬ旅人が立ち寄り老人に尋ねた。 「私はあなた方のこの美しい街に住むことを考えています。どうか教えてください。ここにはどんな人が住んでいるのですか?

こんにちは。 今週は11件のお見合いです。 みなさま素敵なご縁になると良いですね。 応援しております! さて、営業で一番自分が好きな商品、気に入っている商品が一番売ることが出来ます。 当然ですよね。 その商品の説明をした時に相手は自然に説得力を感じられますから。 恋愛やお見合いの場合でも一緒だと思います。 売り込むのが「商品」ではなく、代わりに「自分自身」になっただけ。 だから早い話が「自分自身」