遠距離に負けるな

8月に入り本格的な暑さが続いています。

皆様も熱中症にはお気を付けくださいね。

さて、会いたい時に会いたい人と会えない。

それが遠距離恋愛の辛い所です。

辛いことがあった日、悩みごとを聞いてほしい時に相手が近くにいない事は何より寂しいですよね。

簡単に会う事が出来ないと分かっていても「この人しかいない」という思いがあるから遠く離れても頑張れるのだと思います。

遠距離の寂しさに打ち克つにはどうしたら良いのでしょうか。

それは、自分と同じ寂しさを相手も同じように感じているものだと理解する事かも知れません。

寂しいのは自分だけではないと思えば寂しさも少しは和らぎます。

好きな人が同じ気持ちでいてくれることが、会えない時にどれだけ心強いでしょうか。

寂しいのはお互い様。それを忘れないようにしたいですね。

遠距離恋愛にはたくさんの壁があります。

時には言い合いやケンカもあるかもしれません。

でも、そのような事になっても二人の距離を埋めるものは相手への思いやりです。

大事なのは相手の心を感じる事。心が近くに感じたら不安も少なくなるでしょう。

会えなかった寂しさは会えたその日に消えます。

離れたらまた寂しくなるかもしれない。

それでも、また次に会える日には一番素敵な自分になっていられるようになれば良いです。

本当の気持ちが二人にあるなら離れていても大丈夫!

距離なんかに負けない、そして自分にも負けないようにしたいですね(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木


最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「