面白いと思いながら聞くと本当に面白くなってくる

栃木県の緊急事態宣言が解除され、お見合いも増えてきました。

今週も皆さん楽しんでくださいね。

良いご縁になる事を心より願っております!

さて、お見合いは恋愛関係の入り口でもあります。

自分と言う人間を認めてもらい、その後の関係をより深くするためのきっかけでもあり、次のステージに進むかどうかの方向性を決定する重要なものであります。

結論「コミュ力を制する者はお見合いを制す」であります。

今回はその一つでもある、リアクションについてお話させて頂きます。

リアクションの大切さをお伝えさせて頂くのですが、そもそも「人の話にうなずかない人」がたまにいらっしゃいます。

これはコミュニケーションでは絶対にやってはいけないことです。

もう一度言います。絶対にやらないでください。

うなずかない、反応がないと言うのは「話を聞いていない」「話を理解していない」と捉えられる可能性が高いのです。

もっと敏感は人は「あっ自分に興味がないな」「つまらなそう」「自分の意見と違うのかな」「反応がなくどうしていいか分からん」と感じてしまい、良い所が一つもありません。

うなずかない人、リアクションが無い人との会話では話が続かないのです。

あなたが良いリアクションをすればするほど相手との距離が縮まります。

例えば、言葉数の多い人なら小刻みにうなずいたり、間が多めの人は一つ一つのうなずきを深くしてみましょう。

その状況、状況によって力を込めて語っているのなら強くうなずいたり、どうでも良い時はうなずかないようにしたりと言うメリハリも必要です。

場面や話の内容によって反応を変える事が自然と出来るようにしておきましょう。

相手に対して真剣に話を聞いたり、相手に興味を持って話を聞いていれば自然と出来るようになります。

人の話をどう捉えるかは自分次第。

あなたが「面白いと思って話を聞けば、本当に面白くなってくるものですよ」

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情