• す~さん

バツイチだって幸せになれます!

最終更新: 2019年1月3日


バツイチの女性に幸せな恋や結婚をする資格があるかというのなら、まず確実にあります。

現代社会では、バツイチであることによる問題は少なくなってきています。

しかも、バツイチの方が幸せになれる可能性が高いと思います。

経験値で言えば、まだ結婚していない人よりも高いですからね。

そして、人間は失敗を活かすことができる生き物だと思いますから。

いくらでもやり直しができます。

イギリスの小説家の言葉に「なりたかった自分になるのに、遅すぎることはない」という言葉があります。

問題は言い出すタイミングだと思います。

最初にバツイチと知った上で仲が深まっていくなら、何も問題ありません。

ただ、未婚女性だと思い込んでいたのに後々にバツイチだと判明すると、期待を裏切られたような気分になってしまう。そこで、恋愛感情や結婚願望が冷める可能性は否定できません。

彼と恋愛だけを楽しむつもりなら、お互いのバックグラウンドの情報交換は必要ありません。ただ、結婚を考えたいならば、伝える義務はあるといえるでしょう。そもそも戸籍に記載されているので、隠し通すことは無理ですし。

過去の事実は変えようがありません。

自分の判断での行動だから、他人からマイナスにみられる場合があることも覚悟しなくてはいけないです。そこはきちんと向き合うべきだと思うんです。

その上で自分がどう捉えるかの問題ですよね。

結局、本人がネガティブに考えていれば、相手にもそう伝わってしまいます。

だから、離婚の理由もちゃんとオープンにしてください。隠される方が気になりますよ。

別れるにはよほどのことがあったんだろうな、と男はあれこれ考えちゃう。

でも、すべて正直に打ち明けてくれれば、たとえ彼女側に原因があったとしても、「俺の事を信頼して話してくれているんだな」と前向きに捉えますよ。

幸せな結婚を望むなら隠さずオープンにつたえましょうね(^^♪

本日もお付き合いありがとうございます。

皆様にとって素敵なパートナーに巡り合えますように。

す~さんの結婚相談室 鈴木