• す~さん

「忙しくて・・・」は言うのはやめよう

最終更新: 2019年1月3日


「忙しくて・・・」を口癖にしていませんか?

「忙しい」という言葉は今日からやめにしましょう。

「忙しくて・・・」を言って知らず知らずのうちに見栄を張っていませんか。

「私は頑張る人」とアピールすることでちょっと面倒くさいことから逃げていませんか。

スケジュールに遅れた言い訳で「すみません、ちょっと忙しくて・・・」という人は信頼を失ってしまいます。これは、自分の事に夢中で、相手の事はどうでもよいという、自己中心的な気持ちを見透かされるからです。

つまり「忙しい」とは、自信のなさ、見栄にすがりつく内面の弱さ、そして自己中心的な発想を露呈してしまうという、結構恥ずかしいセリフになってしまいます。

また、意識的に「忙しい」を言っていると分かるのですが、不思議なことに、本当に慌ただしい気分になります。慌ただしい気分になると、周囲を見渡す余裕や、物事をじっくり考える余裕がなくなります。

心まで忙しくなってしまうと良い事等何もありません。環境の変化や大切な人が発しているメッセージにも気が付きません。

これからは、「忙しい」という言葉は発しないでください。具体的には「忙しい」をやめて、「まだまだ暇だ」と自分に言い聞かせると良いです。

脳の思考領域に余裕ができて、「あれもこれもやらなきゃ」という心理パニック状態から、一歩引いて冷静になることができます。そうすると、優先順位を柔軟に変更することが出来ますし、目の前の仕事だけでなく、その先の未来の仕事や方向性も同時に考えることができるようになります。

仕事に追われるのではなく、自分で仕事をコントロールしている、というハンドリング感を持って行動しましょう(^^♪

本日もお付き合いありがとうございます。

皆様にとって素敵なパートナーに巡りあえますように。

す~さんの結婚相談室 鈴木