• す~さん

求めすぎると壊れ始める

最終更新: 2019年1月3日


今回のテーマは「求めすぎると壊れ始める」です。

「求めすぎる」とは、過度な期待を抱くこと。人間は、小さな希望が叶うとさらに大きなものを期待してしまうものです。

希望が叶えばかなうほど、期待は大きくなり、最初はうれしかったことや喜んだことも「当たり前」に感じるようになり、さらに上を目指さなければ満足できなくなってしまいます。

恋愛ですと、気になる彼と連絡先を交換して、メールのやりとりが出来るようになりました。最初のころはそれだけでうれしく幸せです。ところがやがて、「すぐに返信が来ない」「自分ばかりメールしている」「彼からデートに誘ってほしい」「自分の事を好きになってほしい」と、相手に対するリクエストが高まる。と、そんな経験はありませんか?

期待には二種類あります。自分に対する期待と相手に求める期待。

自分への期待は、良い結果をもたらすことが多いです。自分磨きのモチベーションにすることが出来ます。自分に対する期待は、自分で努力することが出来るのです。

一方、他人に対する期待は少し厄介ですね。

例えば恋愛では「○○してほしい」という期待が自分ではなく恋人に寄せられます。

最初は「彼と一緒にいたい」というささやかな期待。幸せです。ところが、一緒にいるのが当たり前になると、「髪型や服装をほめてほしい」「○○してほしい」・・・・。

こうなると、幸せのハードルが上がり続けます。相手だっていつもあなたの期待どうりにはできません。そんな状態が続くと、些細な事でイライラしたりケンカしたりと関係は壊れる可能性があります。

他人が完璧に自分の期待どうりに動くことは、まずありません。たとえ期待がかなえられても、さらに大きな期待をしてしまい、きりがありません。

自分の感情をコントロールして、相手に対する幸せのハードルを上げすぎないようにしましょう。

本日もお付き合いありがとうございます。

皆様にとって素敵なパートナーに巡り合えますように。

す~さんの結婚相談室 鈴木