• す~さん

面白話はちょっと盛ってみよう

最終更新: 2019年1月3日


ついに宇都宮でも桜が満開です。花見は良いのですが、それとは別に花粉症との戦いでもあります。

さて今回は「ちょい盛りで話そう」です。

日本人は気質的に「まじめすぎる」という事もあるかもしれませんが、あった出来事を一から十まで正確に伝えようとします。そうすると、どうしても話はダラッとなってしまいます。

そんな人におすすめなのが「ちょっと話を盛る」ということです。

たとえば、「昨日行ったカフェにかわいい店員がいた」

これを「昨日カフェに行ったんだけど、そこにものすんごいかわいい店員がいたんだよ」

事実は同じでも、ちょっと盛る事によって相手は興味を示します。

「おっ、ちょっと面白そうな話だな、聞いてみたいな」と思いますよね。

話が上手な人は、この盛り加減が非常にうまく、決して嘘ではなく、事実をより魅力的に見せる方法を知っています。

最近あった出来事にちょっと盛ってみる練習をしてみてください。

「事実をより魅力的に見せる技術が、ちょい盛りです」

本日もお付き合いありがとうございます。

皆様にとって素敵なパートナーに巡りあえますように。

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

同じことをしていれば、同じ結果しか生まれない

昔の希望条件と言えば3高と呼ばれるもので、高収入、高学歴、高身長でした。 現在は3生と言って ①生存力(リストラや災害に強く、いざという時にも生活や家庭を支えられる力) ②生活力(家事が出来、経済的にも自立できる力) ③生産力(予期せぬ出来事から立ち直れる精神力と、新たな道を切り開ける人脈と人望を持つ人間力) になるそうです。男性のみなさん3生を意識してみましょう。 さて今回のテーマは「同じことを

もっといい人がいるかも症候群

「結婚したい、でもいい人がいないんだよね・・・」 恋人がいない女性がよく口にするトップ3のひとつ「いい人がいない」 そして、いざ婚活!婚活を始めて出会いがふえるようになると、「いい人いないかな~」は「もっといい人いないかな~」に進化します。 婚活を始めると一気に出会いの数が増えま

相手の共感を呼ぶうなずき

うなずき方や質問の仕方など、話を広げるには、相手に対する「聞き方」が非常に大切になってきます。例えば質問の仕方一つでその後の会話の広がりが変わってきますし、何よりも人は「自分の話を聞いてもらえると安心する」「嬉しくなる」生き物です。 よく大まかな目安としては、自分3:相手7位を目指すと良いと言われています。それくらい「聞く」ことは大事なのです。 まずは話を聞いているときの「リアクション」なのですが