• す~さん

素直に「ごめん」といえる力をつけよう

最終更新: 2019年1月3日


恋人とケンカをしたとき、お互いに「ごめんね」を言い出せずに、長く不穏な時間を過ごしてしまうことがあります。

好きなもの同士が一緒にいる時間なのに、とてももったいないことですね。

そんなときには、まず、あなたから「ごめん」の一言を伝えてみませんか?

「ごめん」には、「あなたの言いたいことは分かったよ」という意味が含まれています。

私が悪かったよね、ごめんね。その一言が言えれば、相手もきっと謝ってくれるはずです。自分から謝るのはプライドが許さなかっただけなのです。先に謝ったあなたに感謝してくれるでしょう。だから、「謝るが勝ち」なんです。

接客業であれば、謝ることが仕事の大切な役目を果たすこともあります。

相手の意見を受け入れると、相手の本音が聞けます。そうすれば、今までより相手の事を考えられるようになります。

逆に謝れない人は、とても損をしていると思います。

謝ることは決して負けではありません。ですから、「あなたの言う事は分かったよ」という意味で、「ごめん」の一言を使ってみましょう(^^♪

本日もお付き合いありがとうございます。

皆様にとって素敵なパートナーに巡り合えますように。

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

迷っているのはやりたいから

人生は選択の連続です。私たちは常に何かを選んで生きています。 朝起きたら、トイレに行こうか、先に顔を洗おうか。今日は何を食べようかな。この洋服を買おうか、やめようか・・・。 私たちは意識的にも無意識的にも、無数の選択をしつづけながら生活をしています。 そんな何気ない小さな選択の一つ一つの積み重ねが人生を作っています。 安定した生活を送りたい場合は、常に同じ選択をしてみましょう。 いつも同じ選択をす

求めすぎると壊れ始める

今回のテーマは「求めすぎると壊れ始める」です。 「求めすぎる」とは、過度な期待を抱くこと。人間は、小さな希望が叶うとさらに大きなものを期待してしまうものです。 希望が叶えばかなうほど、期待は大きくなり、最初はうれしかったことや喜んだことも「当たり前」に感じるようになり、さらに上を目指さなければ満足できなくなってしまいます。 恋愛ですと、気になる彼と連絡先を交換して、メールのやりとりが出来るようにな

自身がある人は、人に優しくできる

誰かの心ないひとことで落ち込んだり、自信をなくしたことはありませんか? いじめや暴言によってどんどん自信を奪われていく、そんな経験をした人もいるでしょう。 人をいじめたりひどいことを言ったりする人は、本当は自分に自信のない人です。 えらそうにしていても、実は自分が相手より劣っているのではないかとビクビクしています。 そんな人が周りにいたら、まずは関わらないようにしましょう。「この人は自信がないから