• す~さん

遠くにあるから綺麗に見える

最終更新: 2019年1月3日



叶わない恋、したことありますか?

深くは知らないけれど魅力的な人、ときめきますよね。分からないからこそ素敵なのかもしれません。

「好き」には様々な種類があります。家族のような安心できる「好き」から、憧れの「好き」刺激のある「好き」・・・いろいろです。

そして、その「好き」にあった距離感があります。誰をどんなふうに好きになるかによって、自分でその距離感を保たなければなりません。

別れてしまった彼が好き、会社の上司が好き、恋人がいる人が好き、既婚者だけど好き。

こんなときは、自分の気持ちをしっかりセーブしておく必要があります。

これらの恋はとても刺激的ですが、手の届かないものほど美しく見えたり、だからこそ欲しくなったりしてしまいます。

しかし、今の距離で見えている景色は、近づいても同じとは限りません。遠くにあるから綺麗に見えるのです。

ちなみに、恋人がいるのに他の異性に心惹かれてしまう浮気。

これもひとつの「好き」の形ですが、浮気しているとき、男性と女性の脳はは全く別の部分が働いているそうです。男性の脳は、浮気をするとき「遊びの恋」の部分が働き、女性の脳は「本気の恋」の部分が働く、ということが分かっています。

男性は、浮気をきっぱりやめてまた恋人と元の生活ができますが、女性は、頭では浮気だとわかっていたとしても、本気の恋をしてしまい苦しんでしまいがちです。

叶わない恋、かなえてはいけない恋だと判断した場合は、そっとそのままにしておきましょう。

叶わないほうがいい恋を進めてしまうと、素敵な思い出にできたはずの恋を苦い思い出にしてしまうかもしれません。

ドラマチックな恋には注意しましょう。

一度進むとなかなか戻れなくなるかもしれませんよ。

本日もお付き合いありがとうございます。

皆様にとって素敵なパートナーに巡り合えますように。

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

もっといい人がいるかも症候群

「結婚したい、でもいい人がいないんだよね・・・」 恋人がいない女性がよく口にするトップ3のひとつ「いい人がいない」 そして、いざ婚活!婚活を始めて出会いがふえるようになると、「いい人いないかな~」は「もっといい人いないかな~」に進化します。 婚活を始めると一気に出会いの数が増えま

面白話はちょっと盛ってみよう

ついに宇都宮でも桜が満開です。花見は良いのですが、それとは別に花粉症との戦いでもあります。 さて今回は「ちょい盛りで話そう」です。 日本人は気質的に「まじめすぎる」という事もあるかもしれませんが、あった出来事を一から十まで正確に伝えようとします。そうすると、どうしても話はダラッとなってしまいます。 そんな人におすすめなのが「ちょっと話を盛る」ということです。 たとえば、「昨日行ったカフェにかわいい

相手の共感を呼ぶうなずき

うなずき方や質問の仕方など、話を広げるには、相手に対する「聞き方」が非常に大切になってきます。例えば質問の仕方一つでその後の会話の広がりが変わってきますし、何よりも人は「自分の話を聞いてもらえると安心する」「嬉しくなる」生き物です。 よく大まかな目安としては、自分3:相手7位を目指すと良いと言われています。それくらい「聞く」ことは大事なのです。 まずは話を聞いているときの「リアクション」なのですが