「たった一人の好きな人にだけ好かれればいい」と言う考えは危険です

婚活で苦戦する女性のスタンスは「たった一人の好きな人にだけ好かれればいい」です。

これは好きな人とそうでもない人への接し方に差があります。

もしあなたが「そんなことは当たり前。好きな人へは思い入れも強いし、他の人との接し方が変わるのは当然でしょ」と思っているのなら、その認識は変えたほうが良いかも知れません。

お見合いの時に「気になる人」と「思ったよりそうでもなかった人」との表情や会話が明らかに違う人がいらっしゃいます。

「あっこの人は無しだわ」と思った瞬間に態度が豹変してしまう人もいます。

「どうせ私この人好きじゃないから」という思いでどうでもよい行為に出る。

でも「好きな人に好かれる人」の多くは、人によって接し方を変えない人なんです。

ほぼ、間違いなく。

一度逆の立場になって考えてみましょう。

あなたにアプローチしてきた人が、他の人に全く違う接し方をしているのが分かったら、「この人、信用できないな」と思うはずです。

好きな人にだけ好かれがればいいという考え方は、一見すると謙虚で欲張りではなく、これなら実現できそうに思えます。

でも、この考え方が一番婚活を難しくしてしまっています。

例えば「慣れ、経験」の問題もあります。

男性と出会ってコミュニケーションをとり、相手から好かれるというのには、ある一定の「慣れや経験」が必要です。

あなたが仕事を始めた時よりも、2年、3年と経験を重ねたほうがスキルが上がり余裕が持てませんか。

それは、場数を踏んで引き出しが増え、慣れるからです。

恋愛や婚活もコミュニケーションの一種なので、慣れと経験が必要です。

出会いを多く経験することで、飛躍的に好きな人ともうまくいく確率が上がります。

「好きな人にだけ好かれればいい」というスタンスからたくさん経験を積んで「出会う男性みんなから好かれてしまう」という心のスタンスに変えてみましょう。

もう「嫌われないようにしなきゃ」とか「また好かれなかったらどうしよう」は卒業です(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪

最新記事

すべて表示

加点方式が人生を豊かにします

ついついやってしまいがちな婚活による減点方式です。 最高の結婚相手を100点満点と考え、そこから、いやな所をマイナス点として削り取っていく。 例えば服装がイマイチだからマイナス10点。 話す内容がイマイチだからマイナス10点。 挨拶が出来てないマイナス20点。 理想の顔じゃないからマイナス10点。 「トータル50点ね」 などなど、気になった所をマイナスしていきます。 もちろんあまりにひどい所がある

お見合いもキャッチボールなんです

今週のお見合いは10件です。 皆さん自然体で楽しんでくださいね(^^♪ 先日30代女性会員様宛に60代男性からお申し込みが届きました。 「家事と育児は任せてください!」と言うメッセージ付きで。 これはなんでしょう。 自分は主夫します、との事でしょうか。 もちろん、会員様には届けず私の方で鉄壁ブロックいたしました。 もう今の時代、どんなに年収が高くても一部上場企業にお勤めでも女性は年の差婚を望んでは

支えてくれる人を探すと婚期が遅れてしまう訳

当社で利用している「コネクトシップ」ですが登録相談所が新たに増えた様子です。 今までの関東では主にエン婚活、ゼクシィ縁結び、パートナーエージェントさん(他にもあります)の会員様をご紹介が出来ていました。 そして新たに5・6月にてスマリッジ、ペアーズエンゲージさんが加入されそちらに登録された会員様もご紹介が可能になりました。 益々出会いの幅が広がります。良い出逢いに繋がると良いですね(^^♪ さて「